おちょやん第11話(動画有)あらすじ「年季明け」感想

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「おちょやん」第11話の動画・あらすじ・感想をまとめてお伝えしています。あらすじは、吹き出し、会話方式でわかりやすいです。

その中から、まずは動画の紹介をします。過去には、パンドラなどの動画を案内していましたがすぐ消える。ウイルスのリスクがあるので安全なコチラを紹介しています。

おちょやん第11話無料動画はコチラ

 

おちょやん第10話のあらすじの最後に、千代(杉咲花)は、おちょやんから大きくなって18歳になりました。

おちょやん第11話のあらすじは、千代がお茶子になって働いているところから始まります。おちょやん第11話のタイトルは「年季明け」です。

おちょやん第11話あらすじ

大正13年、秋の道頓堀です。千代がこの街に来てから8年がたっていました。千代は、座布団を運びます。千代は、おちょやんを卒業してお茶子になっていました。

千代たち岡安のお茶子は、福富のお茶子にバカにされたので千代は言い返します。

千代
もう行かな。お客さんがぎょうさんきますねん。8組40人も来ますねん。福富さんは?二升8人。楽でよろしいおますな。羨ましいこと。ほな、急ぎますのので。

8年たっても、岡安と福富のライバル関係は続いていました。そのことを福富で、菊(いしのようこ)が咤激励をします。

それで、言われっぱなしかいな。岡安だけには、負けたらアカンていつも言ってますやろ。

岡安では、みつえ(東野絢香)とシズ(篠原涼子)、宗助(名倉潤)、ハナ(宮田圭子)らが一緒にご飯を食べていました。

みつえ
この鯛、おいしいわ。
宗助
みつえの大好きな栗最中あるから、後でよばれろな。
みつえ
お父ちゃん、おおきに。
シズ
旦さん、いつも言うてますやろ。旦さんは、いつもみつえを甘やかせすぎだす。
宗助
怒られてしもた。
ハナ
宗助さん、わての分も栗最中あるやろか?
シズ
お母さんまで。もう。
ハナ
かんにん。
シズ
みつえ、あんたも来年は女学校卒業する年になるのやで。
みつえ
私は、この岡安で女将になります。
ハナ
そうか、そうか。

この8年ですっかり芝居好きになった千代は、よく芝居を覗き見するようになっていました。それを、熊田(西川忠志)が注意します。

熊田支配人
のぞき見は、アカン言うてるやろ。
千代
ええやろ。ちょっとぐらい。減るもんやあれへんし。
熊田支配人
で、どやった。今日のお芝居は?
千代
まあまあですな。中日やし、手抜いている感じやった。せやけど、あの早川延四郎言う役者だけは違う。芝居に危機迫るものがあった。
熊田支配人
やっぱりわかるか。この興行は、あの早川延四郎、最後の舞台なんや。芝居から足洗って国に帰る言うてな。

その日、千代はシズに呼ばれます。

シズ
千代、ちょっと来なはれ。

千代は、芝居をのぞいていたのがばれたと勘違いします。

シズ
あんた、どないするつもりだす。
千代
すみません。確かに、お芝居のぞいていましたけど、油うっていたのと違って・・・お客さんとの話を合わせるために・・・
シズ
また、のぞいてましたんか。
千代
へえ・・・あれ?
シズ
そないなことやのうて、年越したら、あんたも数えで18の歳になる。18になったら年季明けいうのがうちの決まりだす。そのあんた、どないする?
千代
どないする言われましても?
シズ
おたまみたいに、ウチで働くんやったらそれでもええ。
千代
そないやったら、ウチもそないさしてもらいます。
シズ
あきません。もっと真剣に考えなはれ。そうせな、後悔する。

千代は、母親の形見のガラス玉を見て初めて考えました。

千代
母ちゃん、うちのやりたいことってなんやろ。

千代は、残り物の弁当を乞食に配っていました。そして、そこに乞食と同じようにいたのは高城百合子(井川遥)でした。

千代
ああ、高城百合子・・・・さん

それは、まぎれもなく千代が憧れた女優・高城百合子でした。おちょやん第11話のあらすじはここまで。おちょやん第12話のあらすじにつづく

おちょやん第11話の感想

おちょやん第11話のあらすじでは、千代が年季明けをするのでその後どうするのかシズに聞かれるというストーリーでした。

千代は、芝居を見るのが好きやけど・・・まだ、何かをしたいって気持ちはなかったんですね。生きることで精一杯やったので、なにかをしたいという感情はなかったのかもしれません。

 

でも、そんな考えさせてくれる機会をつくってくれるっていううのは優しいですよね。このまま、ずっと岡安でお茶子しててもええけど・・・でも、ちゃんと考えてからにしなさい。

ってのは、シズは厳しいけど・・・すごく優しい人の現れだと思いました。自分も岡安の女将になるときに決意したからなのかな。

 

だから、みんなに年季明けのタイミングで自分のやりたいことをやって欲しい。そんな気持ちがあるのだと思います。

それか、もしかしたら逆にシズは逆に自分が選んだ道に後悔しているのかもしれませんね。だから、進む道を聴くのかもしれません。

 

いずれにしても、これまで考えたことなかった千代にとってはいい機会やなって思います。しかも、そのタイミングで憧れの女優・高城百合子に会うって。

なんかの縁なのかなって思ってしまいますね。今後、千代が進む道が楽しみですね。おちょやん第11話の感想はここまで。おちょやん第12話の感想につづく

 

あなたにおススメのページ

おちょやん第12話あらすじ「高城百合子」感想
おちょやん3週「うちがやりたいことて、なんやろ」
おちょやん ネタバレ,キャスト総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?