おちょやん第12話(動画有)あらすじ「高城百合子」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」第12話の動画・あらすじ・感想をまとめています。また、あらすじは吹き出し方式、会話方式でわかりやすくしています。

まずは、その中で安全な動画の紹介です。以前は、YouTubeやパンドラをご案内していましたが、違法アップロードになるので、すぐに削除されたりウイルスのリスクもあってコチラを紹介します。

おちょやん第11話無料動画はコチラ

 

おちょやん第11話のあらすじで、千代(杉咲花)が年明けに年季になるので、今後に進む道を考えるようにシズ(篠原涼子)に言われました。

おちょやん第12話のあらすじは、千代が高城百合子(井川遥)と再会したところからはじまります。おちょやん第12話のタイトルは「高城百合子」です。

おちょやん第12話あらすじ

それは、まぎれもなく高城百合子でした。千代は、高城百合子の身を隠したまま「岡安」に連れて帰ります。

ハナ
こりゃまた、えらいお客さんやな。なるほどな、鶴亀の熊田さんらがあちこち動いていたのは、そういうことかいな。

千代は、仕事があるのでハナ(宮田圭子)に高城百合子を任せます。

ハナ
あんたさんの板の上での美しい泣き姿、目に焼き付いています。ここ道頓堀は、役者さんと生きる街だす。また、ええお芝居みせておくれやす。

千代は、仕事中も高城百合子のことが気になります。仕事帰りに、熊田(西川忠志)と会います。

熊田支配人
ずっと、人探してるんやけど見つかれへんのや。
千代
どなたさんです?いてへんなったの?
熊田支配人
隠しててもしゃあないのでいうけど、高城百合子いうウチの役者や。詳しいことは、言われへんけど役者やめてしまうかもしれんな。早川延四郎といい高城百合子といい・・・まだまだやれるのに、ほんまもったいないわ。役者っちゅうもんは。

それを聞いた千代は、慌てて岡安に帰ってきます。

千代
あの~?
高城百合子
お腹がすいちゃったんだけど、お食事まだかしら。
千代
へえ。

そう言って、千代は百合子にご飯を用意しました。

高城百合子
あなた、なんでお茶子さんになろうと思ったの?いきなりで、ごめんなさい。私、そういうの気になっちゃうの。
千代
なろう思ったいうより、それしかあれへんかったんです。
高城百合子
じゃあ、本当は違うことがしたかったの?
千代
いや、そういうことやのうて。高城さんは、なんで役者になろうと思ったんです?
高城百合子
理由は、いろいろある。男に負けたくなかったし、家族とか親戚とか頼る人がいなかったし。でも、一番の理由はそう言われたから。
千代
誰にですか?
高城百合子
自分自身に。こう、自分の体の内側から、そうしろ。そうしろと言われたの。わかる?
千代
さっぱりわかりまへん。ほんなら、今はやめ言う言葉が聞こえてきているんだすか?

高城百合子の表情が曇ります。

千代
私は、ただしようと思うことを是非、しなければならないと思っているばかりだす。

それは、千代は高城百合子の芝居を初めて見た時のセリフでした。そして、千代は台本をもってきました。

千代
うち、それ読みとうて一生懸命、字を覚えたんです。百合子さん、覚えてますか?
高城百合子
すっかり忘れてたわ。でも、思い出したわ。私には、神聖な義務が他にもあります。

そう言って、当時のセリフを百合子が演じます。その芝居に、千代は感動しました。この時、百合子は舞台女優から映画女優になるように、会社から命じられていました。

しかし、百合子はそれに抵抗していたのです。千代は、そうとも知らず百合子を励まし続けました。

高城百合子
もう、行くわ。あなた名前は?
千代
千代です。竹井千代です。
高城百合子
千代ちゃん、そんなお芝居が好きなら自分でやってみたら。一生に一回、自分が本当に好きなことやるべきよ。

その頃、シズ(篠原涼子)がみつえ(東野絢香)が髪とめ買うの待っているところに、早川延四郎がやってきました。延四郎は、シズに声をかけます。

早川延四郎は、千秋楽の次の日の朝ここで待ってると言われます。おちょやん第12話のあらすじはここまで。おちょやん第13話のあらすじにつづく

おちょやん第12話の感想

おちょやん第12話のあらすじでは、千代が高城百合子と会いそんなに好きならやってみるように勧められるというストーリーでした。

また、シズが早川延四郎となにやら訳ありな感じでしたね。千秋楽の翌日、ここで待ってるって言葉は、とっても意味深です。

 

でも、千代は高城百合子と偶然会って良かったかもしれませんね。自分の本当にやりたいことってなんやろ?そんなことを初めて考えるようになったところに、あのアドバイス。

千代の心は、きっと揺れうごいたはずです。いきなり、シズに女優になるって宣言するタイプではないですが・・・これも縁なのかなって思います。

 

自分の道に迷ってるところに、百合子と会うってだけで芝居の世界への縁なのかなって思います。まあ、その辺りはそうなんでしょうけど・・・。

どっちかっていうと、シズの方が気になりましたね。宗助(名倉潤)って、旦さんがいてるけどなんか早川延四郎とは訳ありっぽい。

 

そこが気になるところですね。手紙を何度も受け取っていたことからも、ただならぬ関係なのかな?宗助とみつえがいてるんでへんなことにはならへんと思うけど・・・。

千秋楽の翌朝に会いに行くのかな?なんか、すごく気になる展開でした。明日が楽しみです。おちょやん第12話の感想はここまで。おちょやん第13話の感想につづく

 

あなたにおススメのページ

おちょやん第13話あらすじ「駆け落ち」感想
おちょやん3週「うちがやりたいことて、なんやろ」
おちょやん ネタバレ,キャスト総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?