おちょやん第15話(動画有)あらすじ「おおきに」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」第15話の動画・あらすじ・感想をまとめています。また、あらすじは吹き出し、会話方式でお伝えしています。

まずは、安心できるお試し動画からご紹介します。元々は、YouTubeやパンドラをご案内していました。しかし違法アップロードなので、すぐに削除されたり、ウイルスが入った経験があります。

 

そのため、現在はより信頼できるものをご紹介しています。

おちょやん第15話無料動画はコチラ

おちょやん第15話あらすじ

おちょやん第14話のあらすじで、シズ(篠原涼子)が延四郎に会いに行っていました。その頃、延四郎は倒れていました。

おちょやん第15話のあらすじは、シズがいないなか千代(杉咲花)たちが岡安の仕事に奮闘しているところから始まります。おちょやん15話のタイトルは「おおきに」です。

 

延四郎は、シズがいてることに「なんでいてるんや」と驚き喜びます。

シズ
なんでって、あんさんが話したいっていうからや。

延四郎とシズは、おでん屋で話をします。20年前の話をします。

シズ
わては、自分でこの道を選んだんだす。芝居茶屋の女将になって悔やんだことは、一度もありません。そやから、おおきに。今のわてがあるのは、あんさんのおかげだす。なんとしても、それだけは言うておきたくて。おおきに、ホンマにおおきに。

延四郎も同じように「おおきに」と頭を下げます。そして、延四郎とシズは別れました。

 

その頃、岡安ではシズがいなくても仕事がうまくまわっていました。そして、岡安に高城百合子(井川遥)が挨拶にやってきました。しかし、千代が忙しいとみたのかハナ(宮田圭子)に挨拶して別れます。

 

シズが岡安に帰るのを宗助(名倉潤)が店先で待っていました。

宗助
おお、ちょうどお帰りかいな。わしもちょうどあれや・・・なんやったかいな。なんや、もっとゆっくりしてきたら良かったのに。

そういう宗助の手を引き、シズは店の中に入りました。

千代
おかえりやす。
シズ
どないだした?
千代
みなさん、満足して帰りはりました。
シズ
千代、おおきに。あんたのおかげや。おおきにな。

その一月後、早川延四郎が亡くなったのです。延四郎は、自分が死ぬのがわかってて、別れを告げたかったのです。そして年が明け、千代は18歳になりました。

宗助
これで、晴れて年季明けやな。
千代
旦さん、ご遼さんこれからもよろしくお願いします。
シズ
本当にそれでええんやな。やるからには、途中で投げ出すことは許しません。しっかり励んで、一人前のお茶子になるんやで。
千代
へえ。おおきに、励みます。

そこに、扉をどんどんたたく人がいました。千代が出ると、なんとテルヲ(トータス松本)でした。

テルヲ
すみません。竹井いうもんやけど、ここの奉公人に・・・千代け。元気そうでなによりや。

おちょやん第15話のあらすじはここまで。おちょやん第16話のあらすじにつづく

おちょやん第15話感想

おちょやん第15話のあらすじでは、シズが延四郎と会いました。そして、シズがいなくても岡安がうまく周りました。そして、最後のところでテルヲが千代を訪ねて岡安にやってきました。

シズと延四郎は、亡くなる前に会うことができて良かったですね。シズは結婚して、岡安の女将になっているのでゆっくり話す機会は、ないですから。

 

ずっと、延四郎はなんで今更、シズと会いたいんやろって思ってたんですけどね。自分が亡くなるのをわかっていて、シズに別れを告げたかったという気持ちで謎がとけました。

でも、やっぱり私が気になったのは宗助の気持ちでした。店先で、待っててそわそわしていましたね。宗助は、複雑な気持ちだったと思います。

 

あと、千代が年季明けしました。今後も岡安で働きたいって気持ちは、変わらないんですね。てっきり、このタイミングで女優になるのかなって思っていました。

でも、シズに拾ってもらって8年も世話してもらっていたので、恩返ししたいんだと思います。ただ、やっぱりテルヲ。

 

なんで、こんなタイミングでやってくんねやろ。ずっと放ったらかしで、今さら何を言いにきたんかな。お金のことだとしか思えないところが辛い。

栗子(宮澤エマ)とは別れているんやろか?嫌な予感しかしないですね。おちょやん第15話の感想はここまで。おちょやん第16話の感想につづく

 

あなたにおススメのページ

おちょやん第4週「どこにも行きとうない」
おちょやん ネタバレ,キャスト総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?