おちょやん第19話(動画有)あらすじ「どこにも行きとうない」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」の第19話の動画・あらすじ・感想をまとめています。あらすじは、吹き出し、会話形式でお伝えしています。

動画は、以前ウイルスにかかった人がいたので、安全で信頼できるものをご案内しています。

おちょやん第19話無料動画はコチラ

おちょやん第19話あらすじ

おちょやん第18話のあらすじで、千代(杉咲花)は迷惑をかけたくないので「岡安」を出ていくことを決めます。

おちょやん第19話のあらすじは、みつえ(東野絢香)と千代が話ているところから始まります。おちょやん第19話のタイトルは「どこにも行きとうない」です。

みつえ
こんなアホやとは、思わんかったわ。あんたが奉公に行く料理屋。客に女中をあてがういう悪い噂あるんやで。わかってるのか。
千代
わかってる。
みつえ
わかってへんわ。
千代
ほな、どないしたらええ。どないしたらええ思う?みつえさん。

みつえは、言葉につまります。女中仲間は、お金を集めてご寮さんに助けてやってほしいとお願いします。しかし、シズ(篠原涼子)は千代のためにならないと断ります。

そして、天海一座は客入りが少なく公演の半ばで打ち切られ、千秋楽になってしまいます。そして、千之助(星田英利)はいなくなります。

 

それでも、一平は幕はあけるといいはります。しかし、女中役の漆原(大川良太郎)が腰を痛めます。女形がいないことに、ピンチを迎えます。

一平
おるやないか。ホンマもんの女中が。お前、でえ。ここと、ここの2か所だけ台詞間違えんかったら、あとは返事だけしてたらええ。
千代
急に言われても・・・

そう言って、千代が舞台に立つことになります。千代は女中役です。千代のお茶をもつ手が緊張で震えます。一平がそのためアドリブを入れます。

一平
なんや、今日は身震いするほど寒いなあ。

そして、千代がお茶をこぼすと熱いと一平は飛び上がります。

千代
熱いんか、寒いんかどっちだす?

その千代のアドリブで客は、笑います。

一平
もうええ、はよ仕事戻りなはれ。

そして、千代最後の出番になりました。

一平
お前の望んでた鼈甲のかんざし買ったる。

しかし、千代はセリフを忘れてしまいます。そのため、急遽切り上げようとする一平。

一平
もうええ、はよ出ていってくれ。
千代
嫌や。うちは絶対にいきません。
一平
この前は、出ていく言うたやないか。
千代
ホンマは、出ていきとうないんです。

そして、一平と他の役者に強引に連れだされようとするのを振りほどいた千代は言います。

千代
嫌や、うちはどこにもいきとうない。ずっとここにいてたい。岡安にいてたいんや。もう一人になるんは、嫌や。ここに居てたいんや。

そう言って涙ながらに訴えます。その様子をみた客は、ポカンとしています。そして・・・

千代
ウチ、やっぱり気変わったので出ていきます。

そういって、千代の演技は終わります。急遽、千秋楽になったため最後に一平が挨拶をします。

一平
また、ここに戻ってきます。必ず。

そう言うと、大きな拍手がわきあがります。おちょやん第19話のあらすじはここまで。おちょやん第20話のあらすじにつづく。

おちょやん第19話感想

おちょやん第19話のあらすじでは、千代は岡安をでることを決めますが本心ではずっとここにいたいって気持ちを舞台で言うというストーリーでした。

しかし、天海天海一座も大変ですよね。興行がうまくいっていないから、千秋楽が早くなるってのはちょっときついです。

 

しかも、千之助まで出ていってしまった中で一平はよく幕開けたなって思いました。一平なりの意地なんかな。

元々、やりたくてやってるわけちゃうけど、プライドみたいなものが芽生えてきたのかもしれません。でも、千代は急遽舞台にたったわりにうまくアドリブ入れていましたね。

 

セリフが飛んでも、最終的にはうまくまとめました。お客さんの反応も良かったですし。臨機応変に対応できる千代は、舞台に向いているのかもしれません。

千代は、本当は岡安にいたいって気持ちがあるのであれば、シズに言えばいいと思うんやけど・・・どうなんやろ。

 

なんか策があるように思うのですが・・・今後の千代の行く末が心配になりますね。おちょやん第19話の感想はここまで。おちょやん第20話の感想につづく

 

あなたにおススメのページ

おちょやん第20話「あんたの家は岡安や」感想
おちょやん第4週「どこにも行きとうない」
おちょやん ネタバレ,キャスト総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?