おちょやん第12週ネタバレ,あらすじ「たった一人の弟なんや」

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん(オチョヤン)第12週ネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話形式でお伝えいたします。

おちょやん第11週のあらすじで、みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)がシズ(篠原涼子)の許しを得て結婚しました。

 

おちょやん第12週のあらすじは、鶴亀家庭劇で次の舞台の練習を開始するところからはじまります。おちょやん第12週のタイトルは「たった一人の弟なんや」です。

おちょやん ネタバレ,あらすじ12週

昭和4年2月、鶴亀家庭劇で次の舞台の稽古がはじまります。千代(杉咲花)は、一平(成田凌)と前座で2人でする芝居をすることが決定しました。

ストーリーは、商売敵のお嬢さんと許されぬ恋をするという物語です。恋に落ちた男の方が、恋人の気持ちを確かめるため酒を飲ませるというものです。

千代
好きな人のためなら、死んでもいいという気持ちはわかへん。せやけど、弟のヨシヲのためなら死ねる。そんな気持ちで演じてみる。

千代は、一平にそう話しました。

 

舞台初日、千代と一平の芝居が始まるが客はあくびをしていました。焦る一平でしたが、千代は演技で観客を魅せます。

千代
生まれ変わったら、一緒になりましょうな。

千代が演じるお嬢さんが、そう言って毒入りの酒を飲もうとしたその瞬間、一平が突然、千代にキスをしました。

57話(2月23日)

一平は、警察に行きますがなんとか公演は続けることができるようになりました。その日の夜、一平は千代に謝ります。

一平
すまんかった。
千代
新しい喜劇のためやったんやろ。そやったら許したる。

千代は、それを許します。一平が新しい喜劇を作りたいと思ってしたことだとわかっていたからです。そこに、突然、人が現れて一平のことを殴りました。

ヨシヲ
ようも姉ちゃんを傷ものにしてくれたな。

殴ったのは、大きくなったヨシヲ(倉悠貴)でした。大きくなったヨシヲを見て、千代は感動しました。

千代
ヨシヲ。ほんまにヨシヲや。会いたかった。

そう言って、千代はヨシヲを抱きしめました。そしてヨシヲは今、何をしているのか話をします。

ヨシヲ
神戸の不動産会社の社長に拾われて、幸せに暮らしている。
千代
あっ、あの花かご買ってくれたんあんたなんか?
ヨシヲ
ああ。
千代
明日、うちの芝居見においで。
ヨシヲ
ほな、行くわ。

そして、ヨシヲは翌日も芝居を見に来ると約束をしてその日は別れました。しかし、その次の日にえびす座の鶴亀家庭劇の公演は中止になりました。

大山(中村鴈治郎)のところに、公演を継続すれば「えびす座」を燃やすという脅迫電話がかかってきたのです。

58話(2月24日)

犯人がわからないまま、しばらくすごしていますが一平の様子がいつもと違いました。鶴亀家庭劇をつぶすという話をしていたのを一平が見ていたのです。

犯人は、ヨシヲだったのです。しかし、千代は一平にそう言われても信じられませんでした。そこに、ヨシヲがやってきました。

ヨシヲ
姉やん信じたらあかんで。
千代
ヨシヲを信じる。

千代がヨシヲに、脅迫のことを確認するとヨシヲはごまかします。すると、一平はヨシヲになにも言わず、バケツで水をかけました。

ヨシヲのシャツの下から入れ墨がすけて見えました。

千代
あんたを信じていたのに・・・。せやのに、なんでや。お母ちゃんに申し訳あれへん思えへんの。
ヨシヲ
姉貴ぶるのをやめてや。姉やんとおらんようになってからの方が長い。悪いけど、ピンとけえへん。姉やんと会いたいともなんとも思えへんかった。もし、警察に言うようなら道頓堀中を燃やす。
一平
なんのため鶴亀つぶすんや。
ヨシヲ
そげなこと知らん。わしは言われたからやるだけや。もし、警察に言うようなら道頓堀中を燃やすからな。

そう脅して、ヨシヲはいなくなりました。

一平
もう俺らだけで、手に負える話やないやろ。大山社長に言うわ。
千代
アカン。うちがなんとかする。ヨシヲは、たった一人の弟なんや。

一平に千代が頭を下げて、待って欲しいとお願いします。

59話(2月25日)

翌日、千代は一平と一緒にヨシヲに会いに行きます。

千代
お金が欲しいなら、ウチが働いていくらでも贅沢させてあげるから、悪い連中と手を切って欲しい。
ヨシヲ
姉やんには、無理や。俺がなんぼ稼いでる思てるねん。売れへん役者には無理や。いつまでも、夢物語にはヘドがでる。

そうお願いする千代をヨシヲは、追い返します。一平は、千代がに追い返された後に言います。

一平
あれがヨシヲや。お前が描いてたヨシヲは、どこにもいてへんねん。このまま家庭劇終わらせることは、できへん。大山社長に、すべて話してくる。

一平がそう言って向かった先は、ヨシヲでした。

一平
千代は、弟のためなら死ねるって。俺は、13年あいつのこと見てる。この世の中で、お前のことを思ってるのは間違いなく千代や。

その夜、ヨシヲが怖い顔でえびす座に向かっていたことを岡安のお茶子から聞いた千代は、一平と一緒にえびす座に向かいました。

ヨシヲは、芝居小屋を燃やそうと考えていたのです。そして、マッチをつけようとしたその時です。千代たちがやってきました。

60話(2月26日)

千代
もう、そないことせんかてええねん。あんたは、見捨てられたんや。

今回の話は、大山とヨシヲたちに命令した者の間で話がついていたのです。

千代
あないな人たちは、本当の仲間やない。ヨシヲには、ここにいてほしい。
ヨシヲ
あの人たちのことを悪くいうな。姉ちゃんが俺を捨てていったんだろうが。姉ちゃんを引きずりおろすためにやったんだ。

ヨシヲは、千代に対する恨みから、引きずり下ろすという思惑があったという。

千代
うちは、どんな辛いことがあってもヨシヲのことを思うと、乗り越えることができた。会えなくても、ヨシヲはずっとウチを励ましてくれた。

ヨシヲの心が揺らぎます。

ヨシヲ
俺にはあの人らしかいてへん。

そう言って帰ろうとします。

 

千代は、そんなヨシヲに母にもらったガラスの形見を渡します。

千代
いつか、このガラス玉を返しにくるんやで。ほんで、最高の喜劇見せたる。
ヨシヲ
楽しみやな。
千代
ヨシヲ、誰がなんと言おうと、アンタはウチの自慢の弟や。元気でおってな。

そう言って、ヨシヲと別れます。そして、千代は一平にぽつりとこぼします。

千代
また、ウチ一人になってしもた・・・。
一平
一人やあれへん。俺がおる。

一平は、千代が思いもよらないことを言うのでした。おちょやんオチョヤン第12週ネタバレ,あらすじはここまで。おちょやん第13週のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

おちょやん第13週ネタバレ,あらすじはコチラ
おちょやん動画を無料でみるならコチラ
おちょやんの公式ガイドはコチラ
おちょやん ネタバレ,キャスト総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?