西郷どん(せごどん)36話ネタバレ あらすじ「慶喜の首」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)36話「慶喜の首」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第35話のネタバレ・あらすじで、西郷吉之助(鈴木亮平)の号令により薩長の新政府軍と旧幕府の徳川慶喜(松田翔太)が衝突しました。

 

ここから、その続きとなる36話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「慶喜の首」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第36話ネタバレ・あらすじスタート!





西郷どんネタバレ・あらすじ36話

いよいよ戦の火ぶたが打ちあがりました。新政府軍と旧政府軍の衝突がおきました。鳥羽・伏見の戦いが起きたのです。新政府軍は岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が「錦の御旗」の作戦をたてます。それがうまくはまり、新政府軍は一気に優勢にたちます。

 

そんな中、その戦の中で信吾(錦戸亮)が撃たれてしまいます。その勢いに脅威を感じた慶喜(松田翔太)は、朝敵になりたくない。新政府軍の勢いにおののき兵をおいたまま江戸に逃げかえります。吉之助たちは、そんな慶喜をうつために江戸に向かいます。

 

一気に勢いづいた新政府軍がどのように攻め立てるのか注目です。西郷どん36話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん37話のネタバレ・あらすじにつづく。





あなたにおススメの記事

西郷どん37話ネタバレ・あらすじ「江戸無血開城」

西郷どん(せごどん)ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)