西郷どん(せごどん)38話ネタバレ あらすじ「傷だらけの維新」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)38話「傷だらけの維新」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第37話のネタバレ・あらすじで、勝(遠藤憲一)と西郷吉之助(鈴木亮平)の会談により江戸を無血開城されました。慶喜(松田翔太)の首をとることなく徳川幕府の時代が終わりました。

 

しかし、会津藩や東北の諸藩は徳川が降伏したことを認めず、新政府との闘いを続けていました。そんな状況に勝と吉之助は龍馬(小栗旬)を想い出していました。

 

その続きとなる38話のネタバレ・あらすじをここからお伝えします。タイトルは「傷だらけの維新」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第38話ネタバレ・あらすじスタート!

 



 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ38話

慶応4年新政府は、彰義隊(しょうぎたい)をせめていました。長州の策士・大村の予言していた通りにわずか半日でその戦を終わらせました。しかし、会津藩や東北各地はこうは簡単にいかない。

 

今の新政府には、お金もなければ兵糧もない。このままでは負けてしまうという大村に薩摩藩が全面的にバックアップするように吉之助が久光(青木崇高)に談判に戻ります。

 

薩摩の忠義を見せるという吉之助の言葉に、久光は見事にのせられ全面的に薩摩藩が新政府軍のバックアップをすることに乗ります。吉之助は、すぐに援軍をつくりあげます。

 

そして、すぐに江戸に向かわせたのでした。その晩、家に戻った吉之助のもとに妹の琴(桜庭みなみ)がやってきていました。琴は、薩摩家のみんながいかに我慢してきているのか。

 

中でも、吉二郎(渡邉豪太)はずっと我慢しているのだから何か形で残るものを吉二郎にもプレゼントするべきだと厳しく言われます。吉之助は、それを聞いて吉二郎の願いを聞きます。

 

吉二郎は、ほしいものを吉之助に聞かれて戦で働きたい。薩摩隼人として、戦にでたいと願い出たのです。それを聞いた、信吾(錦戸亮)は戦は殺し合いでそんなかっこいいものではないと止めます。

 

それでも、吉二郎は西郷吉之助の弟として一生に一度でいいので戦に出たいと申し出るのです。園(柏木ゆき)はびっくりたまげますが、吉二郎のあまりの思いに止めることができませんでした。

 

吉之助もそこまでいうのであればということで、吉二郎が戦地にでることを許可します。こうして、吉二郎も戦に参戦することになります。それからしばらくしてのことです。





 

吉之助の死

吉之助が軍議を開いているところに、信吾がやってきました。吉二郎が脇と腰を撃たれたので急いできてほしいとお願いしたのです。しかし、吉之助はそれはできんと断ります。

 

兵の命は平等だし、今ここを離れると戦じたいの戦況が変わる可能性がある。たとえ弟とはいえ、一人の兵のためにそこに向かうことができないというのです。そして、ようやく一段落ついたところで吉之助は吉二郎のもとに向かいます。

 

吉二郎は、奥に寝かされ血をふいています。そこに吉之助がやってきて、手を握ります。吉二郎は、侍らしい働きができてありがとうと吉之助にいい亡くなっていきました。号泣する信吾ですが、吉之助は涙をみせることなく吉二郎の体を抱きしめました。

 

8月に入り、会津藩が降伏をしてきたことで戦は終局を迎えました。そして、元号が江戸から明治にかわります。吉之助は、戦が終了して江戸城(東京城)で一蔵(瑛太)と会います。

 

そこで、吉之助は薩摩に戻ることを伝えます。一蔵はそのことに怒ります。ずっと吉之助の背中を追ってきた一蔵にとって、突然帰るという吉之助を無責任に感じたのです。

 

これから新しい国をつくるために、血を流してこれからというときにどうして薩摩に帰るのか。そう一蔵は思ったのです。しかし、戦で亡くなったものの責任をとって吉之助は新政府には参加しないというのです。

 

吉之助はボロボロになった「cangoxina」の紙を私一蔵に渡し、日本を外国に負けないような国をつくることをお願いして東京を後にします。

 

薩摩に戻った吉之助は、園に吉二郎の死を報告します。それを聞いた家族は全員が涙を流します。しかし、吉之助だけは涙をみせませんでした。そんな吉之助の気持ちを察した糸(黒木華)は、吉之助を呼びます。

 

そして、吉二郎がずっとためていたお金と家計簿を吉之助に渡します。吉之助は、その家計簿を見ながら吉之助は大泣きをします。そして、侍のあかしである髷を糸に落とさせたのです。西郷どん38話のあらすじ・ネタバレはここまで。西郷どん39話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 



 

あなたにおススメの記事

西郷どん39話ネタバレ・あらすじ「父、西郷隆盛」

西郷どん37話ネタバレ・あらすじ「江戸無血開城」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)