西郷どん(せごどん)40話ネタバレ あらすじ「波乱の新政府」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)40話「波乱の新政府」のネタバレあらすじを書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第39話のネタバレ・あらすじで、西郷吉之助(鈴木亮平)の長男・菊次郎が市長になって父・西郷隆盛がどんな人物だったのかお伝えするストーリーでした。その中で、薩摩に残るか迷ったあげくに西郷隆盛は東京の新政府を改革するために上京することを決意しました。

 

その続きとなる40話のネタバレ・あらすじをここからお伝えします。タイトルは「波乱の新政府」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第40話ネタバレ・あらすじスタート!

 



 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ40話

島津久光(青木崇高)のもとに一蔵(瑛太)が勅書をもってやってきます。久光に東京にやってきて、力を貸すようにという内容のものです。しかし、久光は仮病をつかって新政府に力を貸すことを断ります。

 

天子さまの言葉を断ったことに、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)は怒ります。その場で、西郷隆盛はなにを考えているのか一蔵に聞きます。一蔵は、西郷に初めて藩のとりつぶしをしようと考えていることを打ち明けます。

 

西郷隆盛は、廃藩置県を考えている政府にそこまでやるかと驚くのでした。鉄道や鉱山などの開発をするためにはお金がかかる。しかし、新政府にはお金がない。中央集権にしてお金を集めようと考えていたのです。

 

その時に反乱がおきてはいけないので、兵を統率する必要がある。それを西郷隆盛に任せたいと一蔵は考えていたのです。薩摩の行き場を失った武士たちは、久光が反乱を起こしたら薩摩と戦になるかもしれない。

 

そんな事態を避けるために、西郷に帝の軍を任せたいのだという。一蔵は、吉之助の手をしっかり握り吉之助もまたその手をにぎりかえすのでした。大久保は、もう一度薩摩に向かいます。

 

久光を再度説得するためです。しかし、久光は大久保に恩知らずがと怒ってしまいます。一蔵は、久光に東京の新政府に席を用意している。だから、東京に来るようにいいますが久光はそれを断ります。

 

西郷隆盛もまた、薩摩で侍たちに会っていました。新政府がつくるポリスの話をしました。天子さまに仕えるポリスにならないかというと士気がいっきに高まりました。まずは、薩摩の士族を集めると従道(錦戸亮)が構想を明かします。

 

薩摩の士族の間でもポリスの話題はもちきりになり、東京へ行きたいという士族のものがたくさん出てきます。そして、稽古に精を出すこどもたちを見て西郷は安心するのでした。

 

吉之助は、熊吉(塚地武雅)と一緒に東京に上京します。その日、大久保の東京の家で西郷隆盛を歓迎する会が開かれました。西郷は、贅沢な食事や豪華な建物に目を丸くします。

 

そこには、一蔵だけでなく岩倉や三条のような公家。長州、土佐の新政府の面々が集まっていました。長州の木戸(玉山鉄二)がさっそく御親兵の話を切り出すと、みながいいたいことを言います。

 

廃藩置県をすると、不満が一気にたかまり戦になる。そう土佐や備前のものたちはいうのです。それを見たあとに、簡単には進まんから時間をかけるべきだという西郷に大久保は、時間をかけている暇はない。急がないとだめなのだと思いを伝えます。

 

そんな慌てる大久保を見て西郷はなんともいえない複雑な表情をするのでした。それから数か月後、新政府に鹿児島、山口、土佐から8000人を超える兵が集まりました。





 

100年先の日本

いよいよ廃藩置県に進むときが来たと大久保は言いますが、物事はそう簡単にはすすみません。土佐や備前は廃藩置県に反対をしているままなのです。もし戦になったらという話になり・・・新政府はお金がなくなる。

 

そんな話を聞いて、西郷はお金は倹約して自分たちの給金を減らせばいい。そういって、出された食事を食べることなく自分の持ってきたおにぎりを食べるのでした。

 

翌日、大久保は西郷と熊吉がいる家に向かいました。私腹を肥やしている新政府のトップに怒る西郷に、大久保は豪華な暮らしをしているのは諸外国に対等に話をできるようにするためだと主張します。

 

そして、長州の木戸と手を携え廃藩置県をなんとしても行いたい。だから、西郷にも来てほしい。100年先の日本のためだと大久保は西郷に訴えかけるのです。それから数日後、木戸と大久保で廃藩置県の勅命を受けて実施しようとします。

 

しかし、これに反発した土佐と備前のものたち。そして、木戸も大久保に西郷が来ていないことの理由を聞きます。吉之助は、そのタイミングで遅れてやってきます。藩のとりつぶしは、新政府一丸となってやるべきことだ。

 

もし、歯向かうものがいるのであれば、西郷が全力で引き受ける。そういって、廃藩置県に反対するものたちがぐうの音も出ないような言葉で言います。そして、廃藩置県が行われることになります。

 

会議が終わった後に、西郷は大久保と話します。西郷は、来るべきかどうしようか迷った。しかし、10年先、100年先の日本のためにやってきた。それが、一蔵がしよる政だから全力でやればいいとサポートすることを約束します。

 

それから数日後、廃藩置県が実施されました。恐れていた反乱はまったく起こりませんでした。西郷どん40話のあらすじ・ネタバレはここまで。西郷どん41話のあらすじ・ネタバレにつづく。

 



 

あなたにおススメの記事

西郷どん41話ネタバレ・あらすじ「新しき国へ」

西郷どん(せごどん)ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)