西郷どん(せごどん)46話ネタバレ あらすじ「西南戦争」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)46話ネタバレあらすじ「西南戦争」を書いています。西郷どん(せごどん)のネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第45話のネタバレ・あらすじで、西郷隆盛(鈴木亮平)が鹿児島で開いた私塾と政府が衝突する事件があり、今の政にたいする不満をぶつけるために、西郷隆盛と私塾のメンバーで東京に向かいます。

 

その続きとなる46話のネタバレ・あらすじをここからお伝えします。タイトルは「西南戦争」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第46話ネタバレ・あらすじスタート!





 

西郷どん(せごどん)ネタバレ・あらすじ46話

東京にいた大久保(瑛太)のもとに、西郷隆盛が兵をあげたとの情報が入ります。その数が13000人にも上ることから、大久保は天子さまからの西郷討伐の詔の要請をします。

 

西郷たちは、熊本城のそばに待機していました。すると、突如熊本城から火がでます。熊本城は、徹底抗戦する構えをみせます。西郷たちは、仕掛ける理由もなく使者がくるのを待ちます。

 

しかし、西郷軍に対して政府軍は夜襲をしかけてきます。捕まえた政府軍に天子さまから西郷討伐の命が出ていることを知ります。これまで、戦をする気がなかった西郷隆盛はその時に戦になることを決意したのでした。

 

そして、西郷軍は熊本城に総攻撃をしかけます。すると、政府軍は福岡の方からも応援がやってきて苦戦をしいられます。一方、東京で留守をしていた従道(錦戸亮)は隆盛を止めたい気持ちでいっぱいでした。

 

薩摩に戻り兄と一緒に戦いたいと思いますが、それは妻に泣いて止められます。そのため、従道はなにもすることができない状況になってしまいます。

 

熊本では、西郷軍の戦況は悪くなる一方です。篠原(榊英雄)や西郷小兵衛(上川周作)までも戦死します。この熊本城の敗北で西郷軍は熊本城から大分や宮崎に転々と別れていきます。

 



 

糸の意地

そのころ、久光(青木崇高)のもとに政府から西郷の説得の要請がやってきます。しかし、久光はこの要請を拒否して、中立の立場をとります。県令の大山は、西郷に加担したと東京でとらえられます。

 

大久保一蔵と面会する機会がありました。大久保は、西郷隆盛のことを友の前に罪人だと大山に打ち明けます。そして、西郷隆盛がいるかぎり政府は日本を治めることができない。と本音を話すのでした。

 

大山は西郷隆盛に加担したことを後悔は一切していないとの言葉を残し打ち首になったのです。5月には、明治維新のメンバーの一人である木戸(玉山鉄二)も亡くなります。木戸は、最後まで西郷君・・・と心配する言葉を残して逝きました。

 

西郷軍は、その後も転々として宮崎にいました。現在は、兵が減り3500人ほどの数になっています。行く先々に政府軍がいて戦になります。西郷は、もう最後とおもったのか前線で戦に出ていました。

 

そして、兵のトップとして解散を命じます。降伏して生きるも切腹するもよし。自分で今後を選択するように命じ解散をしたのです。西郷隆盛は、宮崎から薩摩を目指して帰ろうとします。

 

菊次郎はついていこうとするが、西郷隆盛が若者には生きるようにとついてくるなと命じます。その晩、西郷隆盛のところに糸(黒木華)がやってきます。菊次郎が大けがをしたと聞いて心配してやってきたのです。

 

糸は従道の遣いに対して、敵軍の世話にはならないと突き返したという。そして、西郷隆盛は糸に「これが最後だ」といい涙をながす糸をぎゅっと抱きしめました。西郷どん46話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん最終回のネタバレ・あらすじにつづく。





 

あなたにおススメの記事

西郷どん最終回「敬天愛人」のネタバレ・あらすじ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)