西郷どん第15話ネタバレ あらすじ「殿の死」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)15話「殿の死」のネタバレあらすじを書いています。西郷どんネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第14話のネタバレ・あらすじで、吉之助(鈴木亮平)や左内(風間俊介)の説得により、慶喜(松田翔太)は将軍になることを決意します。

 

ここから、その続きとなる15話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「殿の死」です。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第15話ネタバレ・あらすじスタート!





西郷どんのネタバレ・あらすじ15話

慶喜が将軍になることを決意したのちに、西郷吉之助は、急いで京都に向かいました。慶喜が将軍になるために準備をしていたのです。朝廷から慶喜が将軍になるために許しを得る書類をもらいます。それを左内と一緒に喜びます。

 

一方、仲睦まじい様子の篤姫(北川景子)と徳川家定(又吉直樹)でしたが家定が病気になって・・・寝たきりになって判断能力を失ってしまいます。

 

それを契機に井伊直弼(佐野史郎)が、家定からまつりごとを頼まれたと幕府の運営の一切を仕切り始めます。そのことに、篤姫は反発しますが家定との話を聞いていたわけではないので井伊のずる賢さに丸く収められてしまいます。

 

幕府の実権を井伊が握ってしまったことで、慶喜が将軍になるための策がつきてしまいます。吉之助は、その報告を慌てて薩摩にいた島津斉彬(渡辺謙)にします。

 

それを知った斉彬は、万策尽きたと考え吉之助の任務を解きます。吉之助は、茫然として家に戻り大久保正助(瑛太)と話をします。

 



 

正助のアドバイスで吉之助が策を練る

正助は、これまでずっと吉之助は困難に立ち向かってきて、それを乗り越えてきた。だから、今回もなにか方法があるはずだとアドバイスします。

 

正助の話を聞いて、吉之助はその晩自分に何ができるか考えました。そして、一晩明けて島津斉彬のところに再び向かいました。

 

吉之助は、薩摩の兵を斉彬に出してほしいと願いでたのです。吉之助は、決して戦をするつもりはなく、幕府のまつりごとを井伊のものにしないための作戦を考えたのです。

 

島津斉彬は、吉之助の作戦を聞いて実行することを約束して先に吉之助に京都に行くように命じます。吉之助は、急ぎ京都に向かいました。

 

その一方で、江戸では井伊が幕府をやりたい放題しています。なんと、朝廷の許可を得ることなく井伊が自由に操れる徳川慶福の将軍就任の儀を行ってしまったのです。

 

しかも、それは篤姫に家定の死を知らせないまま強硬して行われたものでした。篤姫に、家定の死が伝えられたのはなくなってから1か月以上の時間がたっていました。

 

吉之助は、京都で左内と極秘であっていました。薩摩から1000を超える兵が派遣されてくるのでその準備をしなければならないので相談していたのです。

 

しかし、その矢先のことでした。なんと、島津斉彬は急死したのです。西郷どん15話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん16話のネタバレ・あらすじにつづく。





あなたにおススメの記事

西郷どん第16話ネタバレ・あらすじ「斉彬の遺言」

西郷どん(せごどん)ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)