西郷どん第16話ネタバレ あらすじ「斉彬の遺言」

このページは、大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)16話「斉彬の遺言」のネタバレあらすじを書いています。西郷どんネタバレ・あらすじを見たくない人はこのページを今すぐ閉じてください。続きは見たい人だけみてね。

 

西郷どん第15話のネタバレ・あらすじで、徳川家定(又吉直樹)が亡くなったことで井伊直弼(佐野史郎)がまつりごとを任されたと大老につきます。そのため、吉之助(鈴木亮平)は島津斉彬(渡辺謙)に兵を出すことをお願いしましたが急死してしまいます。

 

ここから、その続きとなる16話のネタバレ・あらすじになります。タイトルは「斉彬の遺言」になります。しつこいようですが、ネタバレやあらすじを見たくない人は今すぐページとじてくださいね。ネタバレ注意になります。そんな西郷どん第16話ネタバレ・あらすじスタート!

 



 

西郷どんのネタバレ・あらすじ16話

京都にいた西郷吉之助(鈴木亮平)は、順調に薩摩からの兵の受け入れ準備をすすめていました。その目途がついて祝杯を江戸からかけつけた有村俊斎(高橋光臣)と一緒に上げようとしていました。

 

そこに、月照(尾上菊之助)がやってきて吉之助に書状を見せます。すると、そこには島津斉彬が死んだことの知らせが書かれています。吉之助は、衝撃を受けて崩れ落ちてしまいます。

 

俊斎は、犯人を捜して弔い合戦をしようといいますが吉之助は、今はそれどころではない。水戸藩の徳川斉昭(伊武雅刀)に兵を出してもらうように、掛け合うと案を出します。井伊直弼の暴走を止めるにはそれしかなかったのです。

 

しかし、吉之助が水戸藩に行ったときには時すでに遅しでした。徳川斉昭はとらえられ蟄居させられ謹慎に追い込まれたのだという。そのため、吉之助がいくら頼んでも門前払いにあいます。

 

もう水戸に動いてもらうしか方法は残っていない。そう考えた吉之助は、慶喜(松田翔太)のところに一緒に水戸藩に行って兵を出すようにお願いしてほしいと頭を下げます。しかし、慶喜はそれを断ります。

 

さらに、井伊直弼は慶喜を3年以上にわたって蟄居させたのです。吉之助は、水戸藩で起きていたことや慶喜にお願いした経緯などを近衛、月照と俊斎などは涙を流して悲しみます。





斉彬の意思を継ぐ吉之助

吉之助は、斉彬がいない薩摩に戻っても自分の生きる意味がないと自害を図ろうとしますが、月照は斉彬のかわりに薩摩藩のトップになって意思をつぐようにアドバイスします。

 

そのため、吉之助はなんとかおもいとどまって日本国のために活動することを決意します。そんな頃、世の中は「安政の大獄」により幕府に歯向かったものを締め付けが実施されます。

 

その中に、月照の名前もあがっていました。薩摩藩なら幕府も簡単にはことを運べないと考えた吉之助は、月照を薩摩に連れていくことにしたのです。

 

その晩、吉之助の枕元に島津斉彬がたちました。それまで、何度も死のうと迷っていた吉之助でしたが斉彬のいつも前を見つめていた姿を思い出し自分が斉彬の意思を継いで生きることを決めました。

 

この時はまだ、幕府が吉之助のことを狙っていたことは知る由もありませんでした。西郷どん16話のネタバレ・あらすじはここまで。西郷どん17話のネタバレ・あらすじにつづく。

 



 

あなたにおススメの記事

西郷どん第17話ネタバレ・あらすじ「西郷入水」

西郷どん(せごどん)ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)