舞いあがれ第44話あらすじ「柏木のスランプ」

この記事ではNHKの朝ドラ「舞いあがれ(舞い上がれ)」第44話のネタバレ,あらすじを吹き出し会話方式でわかりやすくお伝えしています。

舞いあがれ!第43話のあらすじで、舞(福原遥)は着陸がうまくいかずに悩んでいました。そして、「プリソロチェック」が近づいていました。

 

舞い上がれ第44話のあらすじは、悩んでいる舞に柏木(目黒蓮)が声をかけるところからはじまります。舞い上がれ第44話のタイトルは「柏木のスランプ」です。

舞いあがれ!第44話あらすじ

舞(福原遥)は、何度も着陸のイメージトレーニングをしていましたが、なかなかうまくいきません。そんな舞を見て、柏木(目黒蓮)が声をかけます。

柏木弘明
手伝おうか?
ありがとう。

舞の頑張りを見て、柏木がイメージトレーニングにつきあってくれることになりました。柏木は、舞の手作りのレバーを褒めます。

舞は、作ってくれた浩太(高橋克典)のことを話しました。それに対して、柏木もまた普段、話をしない父の話を舞にしました。

 

翌日、フライトの内容が突然変更になります。

柏木弘明
私は、その飛行空域を練習しています。
大河内教官
わかった。やってみろ。

柏木の自信から大河内教官は、一番手を任せます。しかし、柏木はフライトで失敗を繰り返します。これまで、完璧だった柏木がフライトでミスをしたことで舞や水島(佐野弘樹)は驚きました。

それから、柏木はスランプになります。舞いあがれ第44話のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第45話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第45話のネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!第9週ネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
「舞いあがれ!」公式ブックはコチラ
舞い上がれの相手役は貴司?目黒蓮?