舞い上がれ!第11週ネタバレ,あらすじ「教官を見返したい」

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)舞いあがれ!(舞い上がれ)」の第11週のネタバレ,あらすじを吹き出し方式・会話形式でお伝えしています。

舞い上がれ!第10週のあらすじで、舞(福原遥)は「プリソロチェック」に合格しました。しかし、水島(佐野弘樹)が落ちて退学させられたことで、大河内(吉川晃司)に不信感を抱きます。

 

舞い上がれ!第11週のあらすじは、舞たちがソロフライトするとからはじまります。舞い上がれ!第11週のタイトルは「」です。

舞い上がれ!ネタバレ,あらすじ第11週

「プリソロチェック」に合格した舞(福原遥)たちは、次の課題に取り組みはじめます。一人で飛行機を飛ばすソロフライトです。

舞は、緊張する中で初のソロフライトをしました。なんとか終えますが、舞は着陸のタイミングがどうしても少しずれてしまいます。

 

そのため、舞は大河内(吉川晃司)に言いました。

大河内教官、私に着陸の特訓をお願います。私、大河内教官に負けたくないんです。

 

一方、東大阪ではお好み焼き「うめづ」に悠人(横山裕)がやってきました。

雪乃
悠人くん。家に帰ってる?たまには、家にも顔だしなよ。
悠人
仕事でこっちに来ているだけだから、お好み焼き食べたらすぐ行きます。

悠人にそう言われますが、雪乃(くわばたりえ)は、めぐみ(永作博美)に知らせます。すぐに、めぐみは「うめづ」にやってきました。

そして、悠人に聞きます。

めぐみ
今の仕事の先に、悠人のやりたいことや手に入れたいことがホンマにあんの?
悠人
ちっちゃい工場で、金に苦しんでるあんたらとは、俺はちゃうねん。

悠人は、そう怒っていなくなりました。

 

舞は、大河内教官に受けた特訓により着陸を正確にできるようになっていました。しかし、大河内教官を見返したくて頑張っていた舞は、本来の目標を見失っていました。

通常の訓練についても、他のメンバーより後れをとっていました。そんな舞を見て、大河内教官がアドバイスをします。

大河内
岩倉学生、決して間違うな。なぜパイロットをめざしたのか。その理由を思い出せ。

舞は、大河内の言葉ではっとします。自分が大河内教官を見返したい気持ち一心で訓練をやっていたことに気づいたのです。

そして、自分がなんでパイロットを目指したのか。目標にしていたことを思い出します。その後、チームの仲間に助けられながら遅れていた訓練に、懸命に取り組むようになります。

 

そして、最終審査に進みます。舞い上がれ第11週のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第12週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第12週のネタバレ,あらすじ
舞の相手役をネタバレ目黒蓮なの?
「舞いあがれ!」公式ブックはコチラ
舞い上がれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
舞い上がれ!ネタバレ,あらすじ第10週