虎に翼あらすじ第75話「別れ」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第75話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第74話で、寅子(伊藤沙莉)は優未(竹澤咲子)を残し一人で新潟に行くか迫られることになります。

 

虎に翼のあらすじ第75話は、寅子(伊藤沙莉)が竹中(高橋努)と話をするところからはじまります。虎に翼第75話のタイトルは「別れ」です。

虎に翼あらすじ第75話

寅子(伊藤沙莉)は竹中(高橋努)と話をします。

寅子
ということで、こちらをどうぞ。私への家族の評価です。ありのままの私を記事にしてください。
竹中
あんたの家族がお利口さんが胡散臭いのはわかってたけど、これやってあんたになんか得があるの。
寅子
私は土台をつくってもどってきますので、記事にすると面白いと思います。
竹中
俺に迎えが来る前に頼むぜ。

寅子(伊藤沙莉)が新潟県の地方裁判所に転勤するため、多岐川(滝藤賢一)や桂場(松山ケンイチ)らが参加して壮行会が行われます。

寅子
多岐川さんから、壮行会をうちでやったらってありがとう。
さいこうしゅく
梅子さんのことも聞きたかったし。
寅子
梅子さん、今は竹もとで働いているわ。会いたくないよね。
さいこうしゅく
ううん。でも、さいこうしゅくは捨て香子で生きていくの。元気で行ってらっしゃい。

多岐川が締めの挨拶をします。

多岐川
佐田くん。
寅子
多岐川さん?

多岐川は、突然脱ぎだして滝行をはじめます。

多岐川
佐田寅子くん。頑張れ。負けるな。こっちは任せろ。俺は、君が去るのは寂しい。寂しくて、寂しくて仕方ないんだ。
寅子
多岐川さん・・・

その後、寅子はよね(土居志央梨)、轟(戸塚純貴)、梅子(平岩紙)のところに異動になることを伝えに行きました。

轟太一
ついに判事としてデビューするんだ。めでたいことじゃないか。
梅子
寂しくなるわね。
寅子
よねさん。ごめんなさいね。何度も何度も来て。
よね
お前のうっとうしさには、もう慣れた。
寅子
よねさん。そろそろ自分の道に戻るのはどう。司法試験受けてみたらどう?
よね
うるさい。
寅子
私、確信してるのよ。弁護士になって、よねさんにしか救えない人がたくさんいるって。じゃあ、私そろそろ行こうかな。

そして、昭和27年の春、寅子は新潟に引越します。

花江
2人とも気をつけてね。
寅子
行ってきます。

優未のかぶった「すん」の顔はなかなか解けません。虎に翼第75話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第76話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第76話ネタバレ,あらすじ
虎に翼第16週ネタバレ,あらすじ
光る君へネタバレ,あらすじまとめ
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ