虎に翼あらすじ第78話「緊張する優未」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第78話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第77話で、申立人の森口(俵木藤汰)、弁護士の杉田(高橋克実)、書記官の高瀬(望月歩)ら集まり、境界線の場所を話し合います。

 

虎に翼のあらすじ第78話は、話し合いのつづきからはじまります。虎に翼第78話のタイトルは「緊張する優未」です。

虎に翼あらすじ第78話

山の境界線をめぐる調停は、現地で行われます。そこで、書記官の高瀬(望月歩)と申立人の森口(俵木藤汰)の間にトラブルが発生します。

寅子
まあ、まあ、まあ・・・

寅子(伊藤沙莉)は間に入りますが、二人に怒られてしまいます。

 

寅子は、トラブルの原因を高瀬聞きますが教えてくれません。仕方なく、申立人の森口の方に聞きますが、こちらも教えてくれません。

そんな中、寅子が家に帰ると優未(竹澤咲子)がテストの点数をごまかそうとしているところを見つけました。

寅子
優未、なんでそんなことするの。どうして、こんな点数しかとれないの。

優未は、テストになると緊張すると打ち明けました。

 

寅子は、そんな優未を見て優三(仲野太賀)のことを思い出していました。虎に翼第78話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第79話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第79話ネタバレ,あらすじ
虎に翼第17週ネタバレ,あらすじ
光る君へネタバレ,あらすじまとめ
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ