鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第47話「義時追討の院宣」

このページは、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第47話のあらすじ,ネタバレを吹き出し形式・会話方式でわかりやすくお伝えしています。

鎌倉殿の13人のあらすじ第46話で、政子(小池栄子)は義時(小栗旬)の暴走を止めるために、尼将軍になり三寅の代理することになります。

 

鎌倉殿の13人の第47話のあらすじは、京で謀反がいるところからはじまります。鎌倉殿の13人の第47話のタイトルは「」です。

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第47話

承久元年(1219)7月、京都で異変が起きました。鎌倉殿が三寅に決まったことから、源氏の末流・源頼茂が謀反を起こし内裏を燃やしました。

源頼茂は腹を斬って死にますが、内裏は焼け落ち宝物は燃えてしまいました。

 

後鳥羽上皇(尾上松也)は、内裏を再建するために鎌倉の御家人に費用の捻出を命じました。

後鳥羽上皇
義時は、おそらく従わぬだろう。それで、御家人との間に亀裂が入る。それが目的よ。

内裏の再建の資金集めは、鎌倉を分裂させる作戦の1つでした。

 

承久3年5月15日、後鳥羽上皇は京都守護の伊賀光季を襲撃して、自害させました。伊賀光季は、義時の義兄です。

後鳥羽上皇
これにより、北条討伐ののろしとする。

後鳥羽上皇は声高らかに宣言しました。その数日後、後鳥羽上皇の使者が三浦館にいました。三浦義村(山本耕史)の手に、義時追討の院宣が渡たすためでした。

その日、三浦館には義時のことをよく思っていない御家人の一人・長沼宗政(清水伸)がきていました。

三浦義村
先ほど、朝廷から義時追討の院宣がきた。
長沼宗政
私もその院宣を受け取っておる。

その頃、義時は伊賀光季の書状で後鳥羽上皇が兵を挙げたことを知り、驚きました。

 

後鳥羽上皇の挙兵に対応をするため、御所に政子、義時、時房(瀬戸康史)、大江広元(栗原英雄)が集まります。そこに、三浦義村も呼ばれ長沼宗政も同行しました。

大江広元
上皇様は、有力な御家人に院宣をだしているはずだ。
三浦義村
俺のところにも来た。これだ。
長沼宗政
私のところも同様だ。

そして、三浦館に来ていた使者を取り調べると後鳥羽上皇は、8種類の院宣がだされていることがわかります。それを見て、義時は時房と泰時(坂口健太郎)を呼び言います。

義時
これを見ろ。これは、鎌倉を攻めこむ院宣ではない。私を追討する院宣だ。私のために、鎌倉を戦場にはできない。今後は、お前たちに鎌倉を任せる。

義時は、そういって政子のところに行きました。義時は、自ら執権を降りることを決めたのです。そして、義時は御家人たちを招集しました。

御家人たちが勢ぞろいしたところ、義時は後鳥羽上皇との経緯を話しはじめます。そこに、政子が現れました。政子は、義時の話を止めて紙を取り出し読み始めます。

北条政子
頼朝さまが朝敵を討ち果たし、関東を治めてこのかた、その恩は・・・

政子は、大江広元の書いた文章を読んでいました。しかし、途中で読むのを辞めます。そして、本音を話しはじめました。

北条政子
後鳥羽上皇が狙っているのは、鎌倉ではなく義時の首です。鎌倉を守れるなら命は捨てるとこの人はいいました。あなた達のために、犠牲になろうとした。

義時がずっと、憎まれ役の厳しい態度をとってきたのは鎌倉を守ろうとしてのことでした。政子は、御家人にそれを強調します。

北条政子
ここで、上皇様にしたがって西の言いなりに未来永劫なるのか。坂東武者の世の中を作るのか。今こそ、戦って頼朝さまの恩にこたえる時です。

政子は、御家人たちを鼓舞して一つにまとめました。政子の言葉に、御家人たちは大きな雄たけびをあげました。

鎌倉殿の13人第47話のネタバレ,あらすじはここまでです。鎌倉殿の13人最終回/第48話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人最終回ネタバレ,あらすじ
鎌倉殿の13人完結編 公式はコチラ
舞い上がれネタバレ,あらすじの吹き出し
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ