どうする家康 ネタバレ,あらすじ第9話「守るべきもの」

このページは、2023年(令和5年)のNHK大河ドラマどうする家康第9話あらすじ,ネタバレを吹き出し(会話方式)でお伝えしています

どうする家康のあらすじ第8話で、家康(松本潤)は一向宗から年貢を取り立てたことで一向一揆が勃発してしまいます。

 

どうする家康の第9話のあらすじは、本多正信(松山ケンイチ)が躍っているところからスタートします。どうする家康の第9話タイトルは「守るべきもの」です。

どうする家康 ネタバレ,あらすじ第9話

本多正信(松山ケンイチ)は、本證寺で踊っていました。一向宗についた軍師とは、本多正信だったのです。

松平家康
もう誰も信用できぬ。なにもかも、おしまいじゃ。
瀬名
酒井殿や数正殿も信用できないのですか?
松平家康
あいつらも吉良から誘われてるに決まっておる。

そういって、家康(松本潤)は評定にも顔をだしませんでした。評定では、みなが不安になっていました。

酒井忠次
本證時攻めは、色男殿に。
大久保忠世
わが兵は疲れています。もう少し休みをいただかなければ。
酒井忠次
では、本多勢に・・・
本多忠真
兵が足りませぬ。とても手が回りませぬ。
本多忠勝
数正殿、これこれこうして勝つ。そういう道筋を示してくれないと、我らはこれ以上戦えませぬ。

家康がしっかりしないこともあり、家臣たちの心が揺れても仕方ありませんでした。

 

家康は、なにをどうすれば良いかわからずぼーっと座っていると、鳥居忠吉(イッセー尾形)がやってきました。

鳥居忠吉
年寄りの戯言と思って聞いてください。道は、2つに1つ。主君は家臣を信じるしかありません。
松平家康
信じて裏切られたらどうする?また、罠にはめられたら?
鳥居忠吉
それは、しかたない。
松平家康
しかたない?もう一つは何じゃ。
鳥居忠吉
もう一つは、謀反の恐れがあるものを片っ端から首をはねることです。もし、後者を選ばれるなら、まずは私から殺してください。

そういっていなくなりました。瀬名(有村架純)も家康の指にキスして、おもいを込めます。そして、家康が評定に入りました。

松平家康
本證寺は、わしが攻める。お供したい者だけついてまいれ。

家康が決意をしたことで、戦況は大きく変化しました。夏目広次(甲本雅裕)が降伏します。一揆側は、次第に追い込まれてきます。

本證時を攻める家康が号令をだします。

松平家康
かかれ・・・

そこに、本多正信がやぐらの上に登って仁王立ちをしていました。

本多正信
殿に勝ち目はござらん。諦めなはれ。門徒たちは永遠に戦います。

そういって、門徒たちの士気を高めます。この様子に、家康はぞっとしました。

 

本證時との対決が続く中、水野信元(寺島進)がやってきました。

水野信元
寺と和睦して、家臣を許し吉良たちをたたくよう信長さまがおおせじゃ。信長さまは、お怒りじゃぞ。

信長(岡田准一)は、和睦は形だけして兵が解体した後に攻め込めというのが指示でした。家康は、卑怯な戦いはしたくなかったが背に腹は代えられない状況でした。

永禄7年(1564)の春、家康は空誓(市川右團次)と和睦しました。このことで、一向一揆は終結を迎えました。そして、吉良義昭と松平昌久(角田晃広)も鎮圧しました。

 

夏目広次は家臣の多くの嘆願により不問にしました。家康は、本證時に行くと本多正信はどかっと座っていました。

松平家康
なぜ、弁明に来ぬ。銭のためでない。謀反する気もなかった。ただただ、御仏のためだと。そういえば、わしが皆を説得して・・・
本多正信
私は、殿を殺そうとしたのですよ。その私を許してはさすがにまずいでしょう。それに、過ちをおかしたのは、殿だからです。民が仏にすがるのは現世が辛いからです。自分の役目を果たさず、民の救いの場を奪うとは何事か。
松平家康
本多正信、すまぬ。三河から追放する。二度と戻ってくることは相ならぬ。
本多正信
長年の御恩、心よりお礼申し上げます。

そういってひれ伏しました。

 

家康は、瀬名と一緒に岡崎城から城下を見下ろしました。

松平家康
わしは愚かなことをした。わしが守るべきは、民と家臣であったのに・・・
瀬名
ならば、これから成し遂げましょう。厭離穢土、欣求浄土・・・汚れたこの世を浄土に。

どうする家康第9話のネタバレ,あらすじはここまで。どうする家康第10話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

どうする家康第10話ネタバレ,あらすじ
どうする家康 公式ブックはコチラ
どうする家康ネタバレ,あらすじまとめ
舞いあがれネタバレ,あらすじの吹き出し