舞いあがれ第43話あらすじ「ええ感じで空を飛んでるか?」

この記事ではNHKの朝ドラ「舞いあがれ(舞い上がれ)」第43話のネタバレ,あらすじを吹き出し会話方式でわかりやすくお伝えしています。

舞いあがれ!第42話のあらすじで、舞(福原遥)たちは、緊張の中で、初フライトに飛び立ちました。

 

舞い上がれ第43話のあらすじは、悠人(横山裕)に久留美(山本美月)が会うところからはじまります。舞い上がれ第43話のタイトルは「ええ感じで空を飛んでるか?」です。

舞いあがれ!第43話あらすじ

久留美(山本美月)は看護師になり病院勤務をしていました。ある日、久留美は「ノーサイド」で舞(福原遥)とメールをしていると、そこに悠人(横山裕)がやってきました。。

久留美
悠人くん、今なにしてるの?
悠人
今は、会社辞めて投資で稼いでる。

久留美はそれを聞いて舞にメールしました。舞は、すぐに悠人に電話しました。

お兄ちゃん。聞いたよ。仕事辞めて投資やってるんだって。ちゃんと、お父さんとお母さんに説明してよ。
悠人
そんなことより、お前の方はうまくいってるのか。ええ感じで空を飛んでるか?

舞は、悠人の質問に言葉に詰まり何も言えませんでした。大河内教官(吉川晃司)の課題はどんどん難しくなり、舞はフライトで失敗を繰り返していたからです。

 

帯広の飛行訓練では、一人でフライトできるかどうかが試されます。審査の日である「プリソロチェック」が近づいてきました。

ここで、失格してしまうと退学になってしまいます。舞は、着陸うまくいかずに悩んでいました。舞いあがれ第43話のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第44話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第44話のネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!第9週ネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
「舞いあがれ!」公式ブックはコチラ
舞い上がれの相手役は貴司?目黒蓮?