舞いあがれ第45話あらすじ「スランプの原因」

このページは、NHKの朝ドラ「舞いあがれ(舞い上がれ)」第45話のネタバレ,あらすじを吹き出し会話方式でわかりやすくお伝えしています。

舞いあがれ!第44話のあらすじで、舞(福原遥)は着陸がうまくいかずに悩んでいるところを柏木(目黒蓮)が手伝ってくれました。

 

舞い上がれ第45話のあらすじは、舞が柏木を心配するところからはじまります。舞い上がれ第45話のタイトルは「柏木のスランプ」です。

舞いあがれ!第45話あらすじ

柏木(目黒蓮)と水島(佐野弘樹)が取っ組み合いの喧嘩をした翌日、練習が悪天候のため中止になります。

柏木(目黒蓮)がスランプになったことを舞(福原遥)は心配します。そのため、大河内教官(吉川晃司)に相談します。

最近、柏木学生がミスを連発しています。なぜだと思いますか?
大河内
それは、柏木の問題だ。お前はお前のやることをやれ。

そう言われても、舞は柏木のことが心配でした。

 

一方、柏木は地図に書き込みをして、翌日の予習をしていました。その様子を倫子(山崎紘菜)が見ていました。倫子は、柏木のプレッシャーを感じていました。

舞は、柏木を体育館に呼び出します。そこで、柏木は舞に何かを打ち明けようとします。柏木は、密かに舞のことが好きになっていたのです。そして、柏木は舞に告白しようとします。

柏木弘明
岩倉、俺、お前のことが・・・

柏木はそれ以上いわずに、立ち去ってしまいました。柏木のスランプの原因は、舞に対しての恋心だったのです。

それから、舞は柏木の練習に水島と倫子(山崎紘菜)と一緒に付き合うことになります。舞いあがれ第45話のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第46話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第46話のネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!第10週ネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
「舞いあがれ!」公式ブックはコチラ
舞い上がれの相手役は貴司?目黒蓮?