舞いあがれ第83話あらすじ「強度試験」

このページは、NHK朝ドラ「舞いあがれ(舞い上がれ)」第83話のネタバレ,あらすじを吹き出し方式(会話形式)でわかりやすくお伝えしています。

舞いあがれ!第82話のあらすじで、久留美(山下美月)は八神先生(中川大輔)と婚約をして、舞(福原遥)は喜びました。

 

舞いあがれ第83話のあらすじは、舞たちが強度試験に行くところからはじまります。舞いあがれ第83話のタイトルは「強度試験」です。

舞いあがれ!第83話あらすじ

舞(福原遥)、笠巻(古舘寛治)、結城(葵揚)の3人は完成した飛行機用の試作ボルトをもって強度試験に行きました。

強度試験は、飛行機部品専門の会社・朝霧工業で行われます。まず、朝霧工業の敷地の広さに舞は驚きます。

すごく広いですね。

しかも、IWAKURAにはない飛行機部品専門の機械がたくさん並んでいました。朝霧工業は、材料の調達から完成検査まですべて通しでできます。

すごい。

舞は、たくさんの機械や設備をみて驚きました。そして、菱崎重工の重役・荒金(鶴見辰吾)がやってきました。

荒金
これより、強度試験を行います。

完成したIWAKURAのボルトの強度が飛行機に耐えられるのか試験がはじまります。それは、朝霧工業との競争でもありました。

舞いあがれ第83話のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第84話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第84話のネタバレ,あらすじ
舞い上がれ第18週のネタバレ,あらすじ
らんまんネタバレ,あらすじ,キャストまとめ
舞い上がれの相手役は貴司?目黒蓮?
舞いあがれ!公式ブックはコチラ