虎に翼 あらすじ第16話「違和感」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第16話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第15話で、寅子(伊藤沙莉)たちは明律大学女子部を卒業し、明律大学法学部に進学しました。

 

虎に翼のあらすじ第16話は、1935年(昭和10)春からはじまります。虎に翼第16話のタイトルは「違和感」です。

虎に翼あらすじ第16話

直言
我らのトラコが、晴れて明律大学女子部を卒業したことを祝して、乾杯!
はる
かんぱい。

家族で、寅子の卒業のお祝いをしました。1935年(昭和10)春、直道(上川周作)と花江(森田望智)は息子・直人を授かり近所に引越しました。

優三(仲野太賀)は、またも高等試験に落ち働きながら夜学に通い弁護士を目指します。

はる
寅子、明日からが本当の勝負ですよ。あなたは、やっと地獄の入り口にたっただけ。
寅子
でも、あの頃とは地獄もだいぶ変わりましたよ。法改正もされていますし。

この頃には、女性も高等試験に合格すれば弁護士ができるように法律が改正されていました。

 

法学部初日、男子に舐められてはいけないと寅子(伊藤沙莉)たちは気を張っていました。しかし、そこにいたのは女性に理解を示す花岡悟(岩田剛典)でした。

花岡悟
僕は、花岡悟。あなた達と同じクラスになると知って楽しみにしてたんだ。
寅子
そうなんですか。
花岡悟
あなた達を尊敬しています。だって、あなた達は開拓者。法曹界だけでなく、男女平等の世を切り開いています。

しかし、花岡のような学生ばかりではありません。

轟太一
女と男がわかり合えるはずがないだろ。

轟太一(戸塚純貴)と、よね(土居志央梨)は睨み合いになります。

轟太一
人類の歴史を見ればわかる。男が国をつくり、女が家庭を守るのだ。

しかし、花岡が間に入ります。

花岡悟
卑弥呼や北条政子、エリザベス女王などもいる。
轟太一
そういう女は、ごくわずかだ。
花岡悟
そのわずかな女性が今、ここにいるのだ。

ある日、穂高(小林薫)のかわりに、民事訴訟の専門家・大庭徹男が講義を担当します。大庭は梅子(平岩紙)の夫でした。

寅子が梅子を見ていると「すん」としていました。そして、寅子は授業中に大庭が言った言葉が気になります。

寅子
結婚前の女性にとって、容姿は何よりも大事でというのはどういうことですか。容姿が傷ついたのは悲しいことですが、何より大事というのは納得がいきません。

他の女性メンバーも同様の気持ちでした。しかし、大庭は君たちのような容姿端麗な人たちには関係ないと言います。

花岡悟
ええ、彼女たちは特別ですから。

その花岡の言葉にも、違和感が残ります。

よね
つまり、女は器量が悪くここまでの慰謝料をもらうには値しないということですか。

よねの言葉に対して、大庭は言葉を濁しました。虎に翼のあらすじ第16話はここまで。虎に翼のあらすじ第17話につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼ネタバレ,あらすじ第17話
虎に翼のネタバレ,あらすじ第4週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ