虎に翼 あらすじ第20話「父が逮捕される」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第20話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第19話で、寅子(伊藤沙莉)が花岡(岩田剛)に対して言われた言葉にトキメキました。

 

虎に翼のあらすじ第20話は、寅子(伊藤沙莉)の家の前に人だかりができてるところからはじまります。虎に翼第20話のタイトルは「父が逮捕される」です。

虎に翼あらすじ第20話

寅子(伊藤沙莉)が家に帰ると、家の前に人だかりができていました。大勢の検察官がやってきていたのです。あまりの数に、はる(石田ゆり子)がおびえます。

はる
今日は、お引き取りください。

検察官は、令状をもって今から家宅捜索をすると中に入ってくる。容疑は、直言(岡部たかし)の贈賄容疑でした。

寅子
少しだけ待ってください。急にそんなことを言われても・・・

寅子が訴えかけますが、検察官にしかられてしまいます。

優三
僕は、この家の書生です。家の中を案内しますので。

優三は令状がでているいじょう断ることができないことがわかっているので、書類を押収していくのをだまってみていました。

夜になり、優三がはる、寅子、直道(上川周作)、花江(森田望智)に説明します。

優三
今わかっているのは、お父さんが贈賄の容疑で逮捕されているということだけです。
直道
無実の人間は、すぐに釈放される。明日には、けろっと帰ってきてるよ。

しかし、ことはそう簡単なものではありませんでした。事件は、「共亜事件」に発展してきました。

 

共亜紡績の株価のインサイダー取引をしたとして、共亜紡績の重役、大蔵省の官僚、大臣など16人が逮捕された事件です。

直言らは、賄賂を贈ったことから逮捕されていました。やがて、寅子の家族は記者に家を取り囲まれて、出られなくなります。虎に翼のあらすじ第20話はここまで。虎に翼のあらすじ第21話につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼ネタバレ,あらすじ第21話
虎に翼ネタバレ,あらすじ第5週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ