光る君へ ネタバレ,あらすじ第10話「官職を失う為時」

このページは、NHK大河ドラマ光る君へ第10話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています

光る君へのあらすじ第9話で、安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)は除霊するために、花山天皇(本田奏多)に出家をするようにすすめます。

 

光る君への第10話のあらすじは、寛和2年6月になったところからはじまります。光る君への第10話のタイトルは「」です。

光る君へ ネタバレ,あらすじ第10話

寛和2年6月、藤原兼家(段田安則)は、息子たちを東三条殿に呼び出します。

藤原兼家
6月23日から花山天皇を連れ出し、出家させる計画になっている。

兼家は、安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)から6月23日を逃せば、運気が悪くなり災いがもたらされると言われていました。

藤原道兼(玉置玲央)は、花山天皇(本田奏多)を後押しします。

花山天皇
藤原よしこの除霊のために、出家しようと思う。
藤原道兼
私も出家にお供します。暦で6月23日だけが藤原よしこの除霊に良い日なので、その日に出家しましょう。

道兼の言葉に、花山天皇も決心をします。

 

その頃、まひろ(吉高由里子)のところに藤原道長(柄本佑)から恋文がやってきます。道長は、古今和歌集をもとに恋文を書いていました。

しかし、まひろは返歌するのではなく漢詩で「くよくよしてどうするのか」というものを送り返します。道長はまひろの気持ちがわからず、再び古今和歌集で恋文を送ってきます。

 

それでも、まひろは漢詩を送り返しました。困った道長は、藤原行成(渡辺大地)に相談しました。

藤原行成
和歌は人の心を言葉で現しています。漢詩は、志を言葉にしていおります。送り主は、なんらかの志を託してるのではないでしょうか。
藤原道長
さすが、行成だ。少しわかった気がする。

道長は今度は会いたいとだけ記して、まひろに送りました。その文に、まひろの心が動きました。二人は、廃墟で会いました。

藤原道長
一緒に、都をでよう。一緒に生きるには、それしかない。身分も家族も捨てて、2人で遠きに行こう。
まひろ
あなたが偉くならなければ、無残な死に方をした直秀のようなものが後をたたないわ。私も、直秀を埋葬した後に遠くに行きたいと思った。けど、そうしなかったのは2人で都を出ても世の中変わらないから。私は、道長様がすごく好きです。でも、あなた様の使命は違うところにあると思います。
藤原道長
そなたも好きなれば、一緒に行こう。
まひろ
無理でございます。私は、政を道長様が変えていくのをずっと見ておきます。

そういうまひろを道長は抱きしめました。まひろも道長への想いがあふれ出てしまいます。

藤原道長
また会おう。これで終わるのは、嫌だ。

そういう道長に対して、まひろはただ微笑みました。

 

そして、6月23日になります。道兼は女性が羽織るものを着せて、花山天皇を内裏から連れ出します。花山天皇と道兼は元慶寺に向かいました。

その頃、藤原道隆(井浦新)と藤原道綱(上地雄輔)が帝の象徴である「けんじ」を受け取り懐仁(石塚陸翔)がいる梅壺に運びこみました。

 

道長は関白・藤原頼忠(橋爪淳)のところに行き、花山天皇が退位して東宮が即位したことを伝えます。

その頃、元慶寺で出家した花山天皇を見届けた後、道兼は出家する約束などなかったように元慶寺を去っていきました。

 

翌朝、兼家が内裏に行きみなの前で言います。

藤原兼家
昨夜、帝は退位し東宮が天皇の位を継ぎあそばれた。新しい帝の摂政はこの兼家である。ここにいる蔵人は、みな任を解く。新しい蔵頭は藤原道兼だ。よしなに頼む。

こうして、まひろの父・為時(岸谷五朗)は官職を解かれてしまいます。呆然とする為時たちを残して、兼家は去っていきました。光る君へ第10話のネタバレ,あらすじはここまで。光る君へ第11話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

光る君へ第11話のネタバレ,あらすじ
光る君への公式ブックはコチラ
光る君へネタバレ,あらすじまとめ
ブギウギネタバレ,あらすじの吹き出し