舞いあがれ第42話あらすじ「初フライト」

このページは、NHK朝ドラ「舞いあがれ(舞い上がれ)」第42話のネタバレ,あらすじを吹き出し形式でわかりやすくお伝えしています。

舞いあがれ!第41話のあらすじで、舞(福原遥)たちの班もフライトシミュレーターによる訓練がはじまりました。

 

舞い上がれ第42話のあらすじは、初フライトがスタートしました。舞い上がれ第42話のタイトルは「初フライト」です。

舞いあがれ!第42話あらすじ

舞(福原遥)と柏木(目黒連)、水島(佐野弘樹)の班は初フライトの日を迎えました。3人は、気象の状況や飛行計画をフライト前に短く大河内教官(吉川晃司)へ説明を行います。

安全に飛行できます。

短い言葉で、気象状況や飛行計画を説明して合格します。

大河内
よし。合格。

舞たちは、問題なく初フライトに進むことができました。しかし、前日の訓練の際にプロシージャーがうまくできなかった舞が3人の中で最初にフライトすることを指名されます。

大河内
フライトは、岩倉学生が一番手。次に、柏木学生。そして、水島学生の順番だ。
はい。

緊張の中、舞は初フライトに挑みました。舞いあがれ第42話のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第43話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第43話のネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!第9週ネタバレ,あらすじ
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
「舞いあがれ!」公式ブックはコチラ
舞い上がれの相手役は貴司?目黒蓮?