舞いあがれ!第20週ネタバレ,あらすじ「伝えたい思い」

この記事では、NHK朝ドラ舞いあがれ!(舞い上がれ)」の第20週のあらすじ,ネタバレを吹き出し(会話形式)でお伝えしています。

舞い上がれ!第19週のあらすじで、悠人(横山裕)がインサイダー取引をしていることがテレビやマスコミでニュースになり、報道陣が会社にまで押しかけるようになっていました。

 

舞い上がれ!第20週のあらすじは、めぐみ(永作博美)が取材を受けるところからスタートします。舞い上がれ!第20週のタイトルは「伝えたい思い」です。

舞いあがれ!ネタバレ,あらすじ第20週

大手新聞社の記者・御園純(山口紗弥加)が女性社長として活躍する、めぐみ(永作博美)への取材にやってきました。

御園純
東京から大阪に支社に異動して、初めての取材になります。よろしくお願いいたします。
めぐみ
よろしくお願いいたします。
御園純
今回、女性社長として活躍する岩倉社長に興味を持ちました。
めぐみ
私は主人が亡くなったので、なんとかしなければと娘の舞と必死にやってきました。

そして、舞(福原遥)が工場のことを熱く話しました。

御園純
それだけ熱い思いをもってるのなら、町工場の魅力をインターネットなどで発信していってみてはどうでしょうか。
そうですね。発信していきたいです。

舞は、御園の提案を受けて株式会社IWAKURAのブログを作ることを決めます。そこで、職人たちが毎日やっていること。職人たちの熱い思いを伝えていくことを決意します。

一方、デラシネで貴司(赤楚衛二)は悩んでいました。貴司の短歌集をヒットさせようと編集者・北条の強く求めてくるのが原因でした。

リュー北條
新しい短歌を作りましょう。短歌集と合わせて発表するとヒットします。急いで作ってください。

貴司は、短歌はそんなにポンポンできるものでもないし、商業主義のリュー北條(川島潤哉)に違和感を覚えていたのです。

それでも、なんとかリュー北條の要望に応えようと苦しんで方向性を見失いかけていました。そんな頃、貴司の短歌ファン秋月史子(八木莉可子)がデラシネにやってきます。

 

史子は次第にデラシネに出入りするようになり貴司との接触頻度が多くなります。貴司のことをぐいぐい押す史子に、舞は戸惑い焦りを感じていました。

舞いあがれ第20週のネタバレ,あらすじはここまで。舞いあがれ第21週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞いあがれ第21週のネタバレ,あらすじ
舞の相手役は貴司くん?結婚相手をネタバレ
舞いあがれ!最新公式ブックはコチラ
らんまんネタバレ,あらすじ,キャストまとめ
舞い上がれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ