舞い上がれ!第10週ネタバレ,あらすじ「別れと初恋」

このページは、NHK朝ドラ舞いあがれ!(舞い上がれ)」の第10週のネタバレ,あらすじを吹き出し方式・会話形式でわかりやすくお伝えします。

舞い上がれ!第9週のあらすじで、一人で飛べる技術の審査「プリソロチェック」の日が近づき、舞(福原遥)はその準備をしていました。

 

舞い上がれ!第10週のあらすじは、「プリソロチェック」の日からはじまります。舞い上がれ!第10週のタイトルは「別れと初恋」です。

舞い上がれ!ネタバレ,あらすじ第10週

ここからは、舞いあがれ!第10週のネタバレ,あらすじを1話ずつ吹き出し形式・会話方式でわかりやすくお伝えしています。

46話(12月5日)「舞の恋心」

中澤学生(濱正悟)に妻から離婚届が送られてきました。

中澤真一
公務員やめてパイロットになろうと、航空学校に来てからずっとうまくいってなくて・・・。
矢野倫子
大変だと思うけど、今はプリソロチェックに集中すべきだよ。

倫子(山崎紘菜)は、もうすぐ単独飛行ができるようになる試験(プリソロチェック)に集中するようにアドバイスしました。

一方、舞(福原遥)は柏木(目黒蓮)のことが気になって寝付けませんでした。

早く寝なきゃ。早く・・・

柏木が舞のことを好きになっていたのと同様、舞も恋心が芽生えていました。

 

飛行操縦試験のために、なんとか寝ついた舞。翌日の朝食で、柏木を避けるように離れて座ってしまいます。

47話(12月6日)「プリソロチェック」

「プリソロチェック」の試験がはじまります。これまでの飛行訓練の中で、舞(福原遥)は着陸に不安を抱えていました。

しかし、本番までの間、冷静で一番技術がある柏木(目黒蓮)がずっとイメージトレーニングに付き合ってくれていました。

 

そのため、舞は「プリソロチェック」の本番で、危険を回避する着陸をすることができました。舞の飛行は完璧ではありません。

ただ、危険を回避する能力がパイロットにはどうしても必要です。危機管理能力を評価され、舞は「プリソロチェック」に無事合格することができました。

良かった。ホットした。途中ダメかと思いました。

Aチーム3人の中で、柏木も舞と同じように合格しました。しかし、水島(佐野弘樹)は不合格になってしまいます。そのため、チームの中で唯一、再審査を受けました。

水島さん、頑張って。

舞や柏木が見つめる中、水島は再び「プリソロチェック」の審査を受けます。しかし、再審査も結果は不合格です。

鬼教官・大河内(吉川晃司)から理由を告げられることなく、冷酷に退学を告げられます。

大河内
水島、お前は退学だ。さっさと荷物をもって帰れ。

Aチームの柏木、舞、水島は、水島の不合格の結果に涙します。冷静な柏木でさえ、大河内の非情な判断に涙をこらえることができませんでした。

最初の6人チームの中で、水島はただ一人の不合格で退学でした。このことから、大河内教官の容赦ない判断に、舞は疑問を感じ始めました。

 

これまで、全幅の信頼を置いていた大河内教官のことを心から信頼できなくなってしまったのです。舞い上がれ第10週のネタバレ,あらすじはここまで。舞い上がれ第11週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

舞い上がれ第11週のネタバレ,あらすじ
舞の相手役は目黒蓮?結婚相手をネタバレ
舞い上がれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
舞い上がれ!ネタバレ,あらすじ第9週