虎に翼あらすじ第76話「異動」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第76話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第75話で、寅子(伊藤沙莉)は優未(竹澤咲子)を連れて新潟地裁三条支部に赴任することになります。

 

虎に翼のあらすじ第76話は、多岐川(滝藤賢一)や桂場(松山ケンイチ)に見送られるところからはじまります。虎に翼第76話のタイトルは「異動」です。

虎に翼あらすじ第76話

寅子(伊藤沙莉)が新潟県の地方裁判所三条支部に赴任しました。赴任した寅子は、三条支部の弁護士・杉田太郎(高橋克実)たちに大歓迎されます。

杉田弁護士
お待ちしておりました。
寅子
よろしくお願いします。

寅子は、仕事が順調に進む中で、優未(竹澤咲子)との関係に悩んでいました。

新潟での2人暮らしは、二人の溝をより多くしていました。忙しく働く寅子に対して、新潟での生活に馴染めない優未。寅子はなんとかその溝を埋めようとします。

 

一方、仕事の方でもトラブルが発生します。山の境界線を決めるために、現地調査が行われた時のことです。

その過程で、裁判所書記官の高瀬(望月歩)と申立人・森口(俵木藤汰)の間にトラブルが発生したのです。

 

高瀬には、人には言えない事情がありそうでした。そのため、寅子は嫌われることを覚悟して高瀬と向き合い質問します。

寅子
高瀬さん、なにか悩みとか不安なこととかあるんじゃない?

虎に翼第76話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第77話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第77話のネタバレ,あらすじ
光る君へネタバレ,あらすじまとめ
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ