虎に翼 あらすじ第18話「花岡を突き飛ばす寅子」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第18話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第17話で、寅子(伊藤沙莉)の大きな声を聞いて花岡(岩田剛典)がやってきました。

 

虎に翼のあらすじ第18話は、寅子(伊藤沙莉)と花岡(岩田剛典)が話すところからはじまります。虎に翼第18話のタイトルは「花岡を突き飛ばす寅子」です。

虎に翼あらすじ第18話

花岡(岩田剛典)が怒っている寅子(伊藤沙莉)のところにやってきます。

花岡悟
まあ、そういう側面で自己の価値をはかる方法もあると思うが。
寅子
はて?
花岡悟
毎日、社会の荒波にのわれているので、父として結果として家庭円満になることもある。
寅子
家庭円満と思っているのは、夫のほうだけ。妻は、それで幸せを感じることはありません。生活を盾に、しぶしぶ納得させられているだけです。
花岡悟
家をほったらかしで大学に通わせてもらってることが、しぶしぶ納得なのか。
寅子
私たちの学びと同列に扱わないで。
花岡悟
君たちは、どこまで特別扱いを望むのだ。僕たちは君たちを最大限に敬い、尊重してる。特別だと認めてるだろ。
寅子
特別だから、見下さないでやっている?自分がどれだけ傲慢なこと言ってるかも理解できないの?

寅子は花岡を思わず突き飛ばし、崖の下に落ちて怪我してしまいます。寅子たちは、慌てて花岡を病院に連れていき、待合室で待機します。

轟太一
花岡は、母親を随分前に亡くしてるからな。まあ、女に突き飛ばされてよろける鍛錬が足りないんだ。女遊びを正当化するのも気に入らないし。

轟太一(戸塚純貴)は、落ち込んでいる寅子を励ますためにそう言いました。虎に翼のあらすじ第18話はここまで。虎に翼のあらすじ第19話につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼ネタバレ,あらすじ第19話
虎に翼のネタバレ,あらすじ第4週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ