虎に翼 あらすじ第58話「道男を心配するはる」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第58話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第57話で、寅子(伊藤沙莉)は戦災孤児の道男の面倒を見るために家に連れて帰ることにしました。

 

虎に翼のあらすじ第58話は、寅子が家に道男を連れて帰るところからはじまります。虎に翼第58話のタイトルは「道男を心配するはる」です。

虎に翼あらすじ第58話

花江
それで、私たちに何の相談もなく連れて帰ってきたの?

花江(森田望智)は、寅子(伊藤沙莉)の行動にあきれてしまいます。

 

寅子は謝りますが、道男はとても泊めてもらおうという態度ではありません。直人は特に年齢が近いせいもあって、道男のことを嫌悪します。

しかし、はる(石田ゆり子)はいいます。

はる
泊めてあげなさい。必要なだけ。ずっといればいいわ。人生、持ちつ持たれつよ。お天道様は必ず見ています。道男、お風呂に入ってきなさい。直明は、いろいろ教えてあげて。花江さんは、ご飯の準備。直人と直治も手伝って。
寅子
みんなごめん。ありがとう。
はる
あの子のような子が日本中にいるのよね。寅子からずっと言ってたのに、どこか他人事だった。亡くなった親御さんはさぞ、無念でしょうね。

翌朝、寅子が道男を引き取ったことをほうこくすると壇と浦野に特大の雷を落とされました。寅子はあれほど怒られるとは思っておらず、意気消沈します。

多岐川
昼間、君の家にはご婦人しかいない。預かったのは、間違いだったのかもしれん。自分の身だけでおさまらない善意は、身内がしんどいだけだしな。
寅子
みなさんご心配をかけてすみません。少年部を手伝って、急いで預かり先を探しますので。
多岐川
それは無理だ。君は、明日から全国の家庭裁判所を回って意見交換会と現地視察をするから。

このタイミングで出張なんて、憂鬱だと思いながら家に帰ると・・・はる(石田ゆり子)と道男が薪を運んでいました。

はる
次は、お風呂の沸かし方を教えますからね。

それぐらい教えられなくてもわかると言いながら、意外と馴染んでると寅子は感じます。

 

しかし、実際は直人と直治は食事中ずっと道男のことを睨んでいます。道男は、もう悪さはしないとはるの財布を盗もうとしたことを打ち明けました。

道男は、はるに財布を盗むよりも家の仕事を手伝って3食食べれる状況の方が得じゃないかとアドバイスされ納得します。

 

はるは、あれやこれやで道男に仕事をさせているし、花江も道男に優しくしてくれています。直明も授業が終わったらすぐ帰ってきてくれていました。

寅子は、出張に行く荷造りをしているところ外で声がします。声は、直明と道男でした。二人は喧嘩になりかけていたので、寅子が止めに入ります。

寅子
私の留守の間、喧嘩はやめてよ。

道男に家族が心配なのかと突っ込まれます。

寅子
そりゃ、心配です。家族も道男も。

いい人ぶりやがってと道男は言って、その場を去ろうとします。そこに立ちはだかったのは、はるでした。

はる
慣れてないのよね。誰かに優しくされるの。

道男は一瞬戸惑いながら、鼻をならしながら去っていきました。

寅子
出張から帰ってきたら、必ず道男にあった預かり先を見つけるから。

それを陰から聞いていた道男は、子犬のように寂しそうな顔をしています。

 

翌日から寅子は、全国の家庭裁判所を出張しました。すると、出てくる意見は不満の嵐です。

多岐川
滝だな。その辛気臭さを吹き飛ばすには、滝行だ。
寅子
絶対嫌です。
多岐川
ならば、自分で吹き飛ばせ。そんな顔の大人に子どもが心を開くか。子どもは手を差し伸べてくれる大人を見極めて話をするんだ。

寅子の顔が一気に明るくなります。道男に笑顔で接しよう。そう思って出張から帰ると、道男はいなくなっていました。

道男は花江に言いよって、直明(三山凌輝)と殴り合いの喧嘩に発展。その結果、道男はいなくなったのです。

はる
追いかけたんだけど、見失ってしまって。寅子ごめんなさい。花江さんもごめんなさい。

はるは、道男がいなくなったことに責任を感じていました。

直明
油断した僕のせいだ。
寅子
本当にごめんなさい。
花江
みんなが心配している感じとちょっと違うの。道男くん、どこか苦しそうだったのよ。
はる
何か言葉にできないことを訴えたかったんだと思う。

道男も気がかりだが花江と寅子は、はるの落ち込む様子を気にしていました。虎に翼第58話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第59話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第59話のネタバレ,あらすじ
虎に翼ネタバレ,あらすじ第12週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ