虎に翼 あらすじ第64話「光三郎の裏切り」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第64話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第63話で、梅子(平岩紙)は子ども3人が均等に遺産を分け合って手を取り合って力を合わせてほしいと願います。

 

虎に翼のあらすじ第64話は、再び調停が行われるところからはじまります。虎に翼第64話のタイトルは「光三郎の裏切り」です。

虎に翼あらすじ第64話

大庭家の調停が行われる日がやってきました。調停委員はまず、常(鷲尾真知子)に意見を聞きます。

私は徹太に面倒を見てもらいたくない。

常は、これまでの流れを覆します。常は、きつい性格の静子を嫌って世話になりたくないと思っていたのです。

梅子さん、あなたが悪いんですよ。徹太の嫁をきちんとしつけないから。光三郎がいい。光三郎により多くの相続をしてちょうだい。梅子さんに、私と光三郎の面倒を見てほしい
梅子
待ってください。光三郎の気持ちを無視してはできません。

その光三郎は、兄2人に祖母と母を任せることはできないという。そして、常の面倒についても常が梅子に意地悪しないと約束できるのであればという話をしました。

いいでしょう。約束しましょう。徹太の嫁に世話になるよりマシだから。

梅子(平岩紙)と光三郎は目で合図を送りながら、喜び合いました。そして、それを見て寅子も歓喜の声を上げました。

寅子
ああああ

寅子は、これまでの梅子の苦労を知っていたから喜びました。そんな寅子に多岐川(滝藤賢一)が言います。

多岐川
広報月間の間に、一緒にラジオにでることになった。

ラジオで寅子は、堂々と受け答えしました。

寅子
私はご婦人方を弱いとは思っていません。裁判所に相談に来られる方の多くは、世の中の不条理と戦ってきた人たちです。それが法律が変わり家庭裁判所ができて、ようやく報われることができる時がきたのです。私は、女性自らが幸せになることができる。そのお手伝いができればと思っています。
多岐川
つまり、家庭裁判所は愛の裁判所なのです。来月、愛のコンサートを開きますので、有名な歌手の方、ご出演お待ちしております。

多岐川は、しっかりと宣伝しました。

 

ラジオに出演したことで、家庭裁判所のイメージが良くなり評判も上がります。ただ、コンサートのの歌い手は決まっていないままでした。

寅子
出演者さえ決まれば、言うことなしなんだけど。

小橋(名村辰)とそんな話をしながら上野の路地裏を歩いていると、抱き合っているカップルがいます。

小橋
あれ見てみろよ。
寅子
じろじろ見るのはやめなさい。

その瞬間、寅子の目に入ったのはすみれでした。相手の男はなんと、光三郎でした。

寅子
光三郎ちゃん。なんで、すみれさんと?

すみれは、家裁の人にバレちゃったと苦笑いします。光三郎は無言のまま下を向きます。

 

寅子はその足で、轟法律事務所に向かいました。そして、よね(土居志央梨)と轟(戸塚純貴)に任せました。

その日、すみれと大庭家のメンバーが集まり、そこによねと轟も同席しました。

梅子
光三郎、何かの間違いよね。彼女は、お父さんのお妾さんで。

光三郎は、すみれのことが好きになったから仕方ないと言います。すみれは、財産を相続することが確実な光三郎に乗り換えていたのです。

すみれ「いつもあなたの大事なものを取り上げて、ごめんなさいね。」

 

すみれはそういって高笑いします。

この女をつまみだせ。
梅子
ああ~

思わず、梅子は笑ってしまいます。これまで、せめて光三郎だけはと歯を食いしばって育ててきました。結局それも、独りよがりなものでした。

梅子
もうダメ。白旗。降参するわ。私は全部失敗した。結婚も子育ても妻や嫁としての生き方も全部。私は、すべてを放棄します。遺産も大庭家の嫁も母としてのつとめも全部。私はここから出ていきます。

それでも、徹太は追及してきます。

徹太
誰が常の面倒を見るのか。
梅子
民法730条、直系血族および同居の親族は、互いに助けあわなければならない。お母さまのことは、兄弟で話し合いなさい。お互い他人のせいにしないで、自分の人生を生きていきましょう。ごきげんよう。

梅子はそういって、大庭家ときっぱりと別れを告げたのです。よねはニヤリと笑い一緒に出ていきました。虎に翼第64話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第65話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第65話ネタバレ,あらすじ
虎に翼ネタバレ,あらすじ第13週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ