虎に翼 あらすじ第69話「退任」感想

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第69話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第68話で、「尊属殺の規定」の判決の15人の最高裁の裁判官の中に穂高(小林薫)の姿がありました。

 

虎に翼のあらすじ第69話は、穂高(小林薫)が退任するところからはじまります。虎に翼第69話のタイトルは「退任」です。

虎に翼あらすじ第69話

穂高(小林薫)が最高裁の判事を退任することになりました。そのため、穂高の退任の祝賀会が開かれることになります。

寅子
穂高先生の退任記念祝賀会?
久藤
サディも手伝ってくれる?
寅子
もちろんです。

寅子は、穂高と気まずいので断りたかったのですが、うっかり手伝うことになります。

 

寅子は、家庭局で漏らします。

寅子
私は、多岐川さんやライアンさんの理想をかなえたいんです。より良い社会になると確信しているから。
多岐川
それは、少年部も家事部もみんな理想を掲げてると思うぞ。裁判の独立が司法をけがさないものだと理解できるだろ。彼らは、それを必死に守ろうとしているように見える。
寅子
では、現実と理想ではなく、理想と理想がぶつかりあっていると。だったら、どうやって理想をかなえるんですか。
多岐川
それがわかれば、家庭裁判所の理想をとっくに達成できているだろうな。

寅子は、現在担当している離婚調停のことで壇(土平ドンペイ)に相談に行きます。

寅子
壇さん、梶山栄二くんのことでちょっといいですか。
手短に頼む。
寅子
栄二くんは、幼い頃から両親のせいでいじめられ戦時中はスパイの子、日本の敵と周囲からののしられた。窃盗で3度つかまりますが、主犯格が別にいる。孤独から居場所を求めて非行に走った。調査記録からそのように推察できるのですが、いかがでしょう。
おそらく、間違っていない。
寅子
おそらく?
梶山栄二は、何も話そうとしない。彼にまっとうな居場所を作る必要がある。だが、本人の気持ちを理解せんことには、なんともならんのだ。

栄二(中本ユリス)の両親はお互い子供を手放したいと調停で主張します。そのため、寅子は栄二に話をしようと声をかけますが・・・

寅子
栄二くん、少しだけお話・・・

栄二は何も言わず、その場からいなくなります。

 

穂高先生の退任記念式典の日、寅子(伊藤沙莉)、桂場(松山ケンイチ)、久藤(沢村一樹)、多岐川(滝藤賢一)らが集まっていました。

穂高
佐田くん、今日は本当にありがとう。
寅子
穂高先生、ご苦労さまでした。
桂場
見ただろう。あの先生の嬉しそうな顔。

その退任式典のスピーチを聞いた寅子は、穂高の発言が気になりました。

穂高
前最高裁長官は、私のことを出がらしとおっしゃった。出がらしだからこそできる役目、若い者たちに残せるものがあると。

法律を一生の仕事と決めてきてから旧民法に異をとなえ、ご婦人や弱気者たちのために声をあげてきたつもりだった。もっと、何かできることがあったのではないか。

ご婦人の社会進出、新民法の本当の意味での平等、尊属殺の重罰規定の違憲整理、出がらしもなにも昔から私は、自分の役目をはたしていなかったのかもしれない。

結局私は、大岩に落ちた雨だれの一滴にすぎなかった。なにくそともうひと踏ん張りするには老いすぎた。諸君、後のことは頼む。本日は、本当にありがとう。

その穂高の発言に対して、寅子は怒って花束を渡さずにいなくなります。

寅子
多岐川さん、お願いします。

本来、寅子が渡すはずの花束を結局、多岐川が渡しました。

 

寅子は廊下で桂場に怒られます。

桂場
ガキ。何を考えているんだ。
穂高
佐田君

寅子は、穂高に激しく突っかかります。

寅子
謝りませんよ。私は。先生の一言で心が折れても、その後気まずくても、感謝と尊敬はしていました。世の中、そういうものとわかっていても、踏ん張る側の人だと思っていたから。私は、最後の最後で花束であの日のことをそういうものだと流せません。先生に、私も雨だれ一滴だと言って欲しくありません。
穂高
謝ってもダメ、反省してもダメ。私はどうすればいい。
寅子
どうもできませんよ。先生が女子部をつくり女性弁護士を誕生させた功績と同じように、女子部の我々に報われなくても一滴の雨だれでいろと敷いた。

そのため、歴史にも記録にもならない雨だれを無数に誕生させた。だから、私は先生に感謝しますが許さない。

納得できない花束は渡さない。世の中そういうものだと流されない。それでいいじゃないですか。以上です。

そういって、寅子はいなくなります。

久藤
先生、中でみんなが待っています。

寅子は事務局にかえって叫びました。

寅子
ああああああああああ!

虎に翼第69話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第70話のネタバレ,あらすじにつづく



虎に翼第69話の感想

虎に翼第69話のあらすじでは、穂高先生の退任記念パーティーが行われる中で、寅子が穂高先生にキレるというストーリーでした。

ほんと、子供かって言った桂場の言葉がピッタリ的を得ていました。なんで、あのタイミングでキレるんだって思います。

 

しかも、扉が開いてみんなに声が聞こえる状態であんなことしたらダメです。そりゃあ、過去に穂高先生に弁護士辞めさせられたって思いもあるのかもしれません。

でも、それを踏まえて今の裁判官補の道を歩んできているわけですから、そこは感謝してもしきれないんじゃないかなって思います。

 

そもそも、穂高先生に誘われなければ法律の世界に入ってもいないわけだし。さすがに、ちょっと今回の寅子のキレかたは異常かなって思いました。

あさイチで華丸さんも言っていましたが、ああいうシーンは痛快ってなるはず・・・だけど、痛の部分しかなかったってのは本当にその通り。

 

やっぱり、自分を導いてくれた穂高先生の退任記念のパーティーであんなこと言ったらダメですよね。子どもすぎます。

「はて?」って思うことがあっても、じっと我慢することも必要だと思います。さすがにこの回はやりすぎかな~。虎に翼第69話の感想はここまで。虎に翼第70話の感想につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第70話のネタバレ,あらすじ
光る君へネタバレ,あらすじまとめ
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ