虎に翼 あらすじ第56話「はて?兼務!?」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第56話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第55話で、寅子(伊藤沙莉)たちは「東京家庭裁判所」をGHQが指令した期間内になんとか設立しました。

 

虎に翼のあらすじ第56話は、1949年(昭和24)1月になったところからはじまります。虎に翼第56話のタイトルは「はて?兼務!?」です。

虎に翼あらすじ第56話

1949年(昭和24)1月、東京家庭裁判所が開設して2日が経ちました。そんなある日、寅子(伊藤沙莉)に多岐川(滝藤賢一)からすぐに来るように電報が届きます。

寅子
多岐川さん。佐田です。急用というから伺ったのですが。
多岐川
待ちかねたぞ。佐田くん。明日は、仕事はじめ。家庭裁判所の発足記念式典が開催される。さあ、はじめようか。

多岐川はふんどし一丁で答えますが、思わず寅子も聞き返します。

寅子
なにを?
汐見
ごめんね。急に呼び出して。

多岐川は縁起を担いで滝行をよくしていました。しかし、この辺りは良い滝がないから庭で水行が最近の日課です。

いつもは、汐見(平埜生成)に桶係をしていました。その日は、汐見は書の役目があったから寅子に桶係をさせようとしたのでした。

多岐川
きみは桶係ってことだ。さあ、始めよう。いくら俺でも風邪をひく。
寅子
汐見さんと役目を変わっても?
多岐川
ダメだ。彼は師範級の腕前だからな。さあ、行くぞ。今から、家庭裁判所に必要な5大基本性格を発表する。佐田くん。
寅子
はて?

翌日、家庭裁判所開所の記念式典が行われました。

多岐川
5大基本性格、つまり家庭裁判所の基本理念ですな。一つ目、独立的性格。

そのタイミングで、汐見が「独立的性格」と半紙に書いたものを寅子が掲げました。そこで、寅子は家庭局事務官になります。

多岐川
2つ目、民主的性格。

寅子は、その都度半紙を掲げました。

多岐川
三つ目、科学的性格。四つ目、教育的性格。

そして、寅子が5つ目の時に目が合い質問されます。寅子は自信なさげに・・・

寅子
愛の裁判所・・・
多岐川
そう、愛の裁判所。この5つの性格が十二分に発揮することを切に希望して、やまないのです。

会場の拍手を聞きながら、寅子は水行を思い出して思わず笑ってしまいます。

 

立食パーティーが始まると、寅子は久藤(沢村一樹)に呼ばれます。

久藤
桂場が外で呼んでるから。

寅子はなんの用かなと思いながら、廊下に行くと桂場(松山ケンイチ)と一緒に休んでる人がいました。

初代最高裁判所長官・星朋彦です。寅子は見たことはありますが、星のような上にいる存在の人でした。星は、今は弁護士に転身しています。

桂場
長官、彼女が話していた・・・
寅子
それで、私に用事というのは?

星朋彦から東京家庭裁判所判事補、兼家庭局事務官に任命されます。

寅子
兼?

寅子はついに、裁判官になりました。ただし、これまで通り家庭局の仕事を兼務する必要がありました。

桂場
まずいうことがあるだろう。申し訳ありません。彼女は、多岐川さんと同じで変わり者で。

星は、寅子のことを気に入りました。寅子なら、ねじ曲がってしまった子どもたちとの対峙できると思ったからです。虎に翼第56話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第57話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第57話ネタバレ,あらすじ
虎に翼ネタバレ,あらすじ第12週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ