虎に翼 あらすじ第57話「戦災孤児」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第57話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第56話で、寅子(伊藤沙莉)は家庭局事務官の仕事をつづけながら東京家庭裁判所判事補に任命されました。

 

虎に翼のあらすじ第57話は、昭和20年9月20日からはじまります。虎に翼第57話のタイトルは「戦災孤児」です。

虎に翼あらすじ第57話

昭和20年9月20日、終戦から1ヶ月経過したこの頃、戦争で両親を亡くした戦災孤児が社会問題になっていました。

政府の対策は、「個人家庭への保護委託」、「養子縁組の斡旋」、「集団保護」の3つです。しかし、実際に戦災孤児は働くか、犯罪に手を染めるようになっていたのです。

 

寅子(伊藤沙莉)たちは、現地の視察に訪れました。上野には戦災孤児たちがたむろして、横たわっている子供もいます。

そんな中、小橋(名村辰)に10歳ぐらいの少年がぶつかりました。その少年はペコリと頭を下げて走り去っていきます。寅子が目で少年を追うと、小橋の財布をもっていました。

 

寅子が追いかけようとすると、小橋が「やられた」と大声をあげます。そのため、少年は全力で逃げます。

寅子
なんで、大声だすの。

寅子が追いかけると、少年は16、17ぐらいの少年に財布を渡して二手に別れます。寅子は、迷って年上の方を追いかけました。

逃げた先は、よね(土居志央梨)が働いていたカフェの場所でした。看板には、轟法律事務所とあります。寅子は慌てて中には入りました。

よね
道男、スリだけはやめろって言っただろ。

寅子の登場に、よねが驚きます。

寅子
よねさん、よねさんだよね・・・
よね
こっちくるな。
轟太一
佐田、生きてたのか。良かった。本当に良かった。
寅子
轟さんも。

轟法律事務所には、轟(戸塚純貴)とよね(土居志央梨)が弁護士として働いていたのです。2人は、戦災孤児たちの相談にのっていました。

轟は、寅子との再会を喜びました。しかし、よねは寅子が妊娠した時に雲野法律事務所を辞めた時のことがあったので、冷たかった。

 

道男は、渋々で寅子に財布を返し出ていきます。轟は謝らせようとしますが、よねがそれを止めました。

よね
やめとけ。追っかけても無駄だ。
寅子
私は、今、家庭裁判所で働いているの。人手不足で、家庭局の事務官をやりつつ家裁で判事補してる。
轟太一
判事補?女が裁判官になれる日が来たか。復員して、上野で偶然再会してな。山田には助手をしてもらってる。といっても、実質の親分はこいつだがな。

その時、外から声が聞こえてきたので寅子たちは慌てて飛び出します。小橋(名村辰)と稲垣(松川尚瑠輝)がスリの少年を取り押さえていたのです。

道男は、大人たちに怯むことなく恫喝めいた言葉を吐きます。

よね
道男、そのへんにしとけ。

よねが道男にそういったあと続けます。

轟太一
上野は、ずっとそんなありさまだ。この寒さでどんどん子どもが死んでいくぞ。
よね
どうせお前らも他の役人と同じさ。机の上で理想論をこねて、結局匙をなげる。

轟とよねは、今の現状に不満を爆発させます。

轟太一
道男もタカシも空襲で両親を亡くした。お前をうかがっているわけではない。頼むから、子供たちに傷を作らないでほしい。それだけなんだ。
よね
家庭裁判所もこれまでと同じ。お前に何ができる。
寅子
そう、私だけでは無理。でも、よねさんと轟さんだけでも無理。だから、全国の家庭裁判所で一丸となって子供たちを救っていく。私もできることはすべてにやる。もう逃げたりしないから。

その数日後、警察による戦災孤児の一斉補導が行われます。大量の孤児たちが家庭裁判所に送られてきます。

送られてきた子供たちが処分を待つ間に収容する施設が足りない中、委託先を探しますがどこも断られてしまいます。

 

子供たちもまた保護されるのを嫌がっているので、寅子たちは安心した先を探しますがうまくいきません。

そんな中、上野で出会った道男の姿もありました。一緒にいたタカシは、児童相談所に入りますが、道男は17歳なので児童相談所に行かすことはできません。

寅子
ごめんね、今はまだあなたの引き取り先が見つからなくて。

道男は寅子に何をしてくれるの。家にでも泊めてくれるのかと問います。

寅子
あんたそこまで心開いてくれたのね。いいわよ。泊めてあげるわ。

寅子は、道男をしばらく猪爪家でみることを決めます。虎に翼第57話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第58話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第58話ネタバレ,あらすじ
虎に翼ネタバレ,あらすじ第12週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ