虎に翼 あらすじ第60話「はるの死」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第60話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第59話で、寅子(伊藤沙莉)は道男をはる(石田ゆり子)に会わせるために、何度も頭を下げました。

 

虎に翼のあらすじ第60話は、寅子が道男を連れて帰るところからはじまります。虎に翼第60話のタイトルは「はるの死」です。

虎に翼あらすじ第60話

寅子(伊藤沙莉)は、道男をはる(石田ゆり子)のもとに連れて帰りました。

寅子
お母さん、道男きたよ。
はる
道男、こっちへいらっしゃい。

はるは、道男を抱きしめました。

はる
会えてよかった。

道男「ばあちゃん、死ぬなよ。死んだら、また一人になってしまう。」

はる
それは、あなた次第よ。すべてを突っぱねちゃだめよ。手を差し伸べてくれる人を見極めるの。

夜になって、はるの最後の時が近づいてきていました。

寅子
お母さん、ずっとそばにいてよ。お母さんがいなくなったら、私・・・
はる
何を子どもみたいなこと言ってるのよ。どんなに「地獄だ」って言っても、好き勝手に飛び回ってきたじゃない。寅子、花江さん。お母さんは悔いは何一つないの。2人ならこの家を任せられる。頼んだわよ。
寅子
嫌だ。嫌だ。
はる
寅子、はいと言いなさい。

はるは、微笑みながら天国に旅立ちました。

 

はるの葬儀の後、道男は素直になります。

 

道男「花江ちゃん、ごめんなさい。ずっと謝らないといけないと思ってたんだけど、言えなくて。俺、猪爪家の人になりたいと思ったんだよね。だから、花江ちゃんの大事な人の代わりになれたらって思って。でも本当は、俺がなりたいのは直人や直治、優未になりたかった。そんなの無理なのに。」

寅子
産んであげるのは無理だけど、もう同じようなものよ。
花江
うん。同じようなものね。これから先は、もっとそうなってく。それじゃダメかな。

そんな、道男のことを花江や子供たちは優しく受け入れました。みんなが部屋を出た後に、花江(森田望智)が寅子にこぼしました。

花江
トラちゃん。私たち、甘えられる人誰もいなくなっちゃったね。

道男の処分が決定する日が近づき、寅子は道男を引き取るのは自分の役目かもしれないと迷いはじめます。そこで、寅子はよねに相談に行きました。

よね
かかわったところで、所詮は他人。生ぬるい理想を掲げてる時点で胡散臭い。いついなくなるかわからん奴の言葉は届かん。

しかし、よねは寅子に手厳しい言葉を浴びせました。

寅子
そうね。そうよね。自分のできること考えてみる。

寅子は面接に向かう、道男に話します。

寅子
ごめんなさい。私、何も力になれてない。

道男「お天道様は見てる。おばあちゃんが言ってただろ。お天道様だけじゃない。俺もずっと見てた。だから、しょぼくれんな。」

寅子は、逆に道男に励まされました。

笹山
家庭裁判所の事件は、傍聴できないの?

笹山(田中要次)は戦争中は、田舎に帰っていたがまた店を再開します。道男は、寿司店を開くことになった笹山の店で住み込みで働くことになりました。

寅子
道男、笹山さんのところで一生懸命働くのよ。調査官はちゃんと見てくれる。良い意見書を出してくれるから。

道男「はい。一人前になったら、みんなに寿司をご馳走する。」

 

その後、試験観察を経て道男の不処分が決まりました。

多岐川
結局、愛なんだよ。愛が理想を超えて、奇跡を起こすわけだ。

寅子が家庭局の仕事を手伝いに行くと、タカシが施設を抜け出してきています。

轟太一
大丈夫、ここの人たちは力になってくれるから。

轟(戸塚純貴)はそう言いながら、寅子にメモを渡しました。

轟太一
協力してくれそうな店だ。山田から預かってきた。
寅子
そう。よねさんが・・・

虎に翼第60話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第61話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼ネタバレ,あらすじ第13週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です