虎に翼 あらすじ第65話「愛のコンサート」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第65話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第64話で、梅子(平岩紙)は遺産も大庭家も子どもたちも全部捨てて、大庭家をでました。

 

虎に翼のあらすじ第65話は、愛のコンサートの出演者が決まるところからはじまります。虎に翼第65話のタイトルは「愛のコンサート」です。

虎に翼あらすじ第65話

これまでなかなか出演者が決まらなかった「愛のコンサート」の出演者が決まります。久藤(沢村一樹)の交友関係によって、出演に快諾されたのです。

「愛のコンサート」のチケットは完売します。後日、ラジオ放送まですることになりました。

 

一方、大庭家では梅子(平岩紙)の相続放棄が決まると、子供3人で1/3で財産をわけることがすすみ調停も取り下げられます。

そのことで、梅子と寅子(伊藤沙莉)が一緒に「竹もと」でだんごを食べれるようになります。そこに花江(森田望智)も参加しています。

梅子
んんんん
寅子
これよ、この味。
梅子
あのまま、もし審判になったとしたらトラちゃんはどんな判断をしたの?
寅子
それは、いくら梅子さんでも答えられないわ。ただ、母親を守りたいという光三郎くんの言葉は本気だったので、梅子さんと光三郎くんを中心に家族関係の修復できるようにすることを考えていた。ねえ、梅子さん。民法730条についてはどう思う?

直系血族や親族は互いに助け合わなければならないという条文です。

花江
そんな当たり前のこと、わざわざ法律にすることかな。
梅子
私は、腹が立った。助け合うって、全部私のような人に押し付けるつもりだと思ったの。だから、息子たちに押し付け返した。法律は、使い方次第ね。
寅子
ああ、この感じ懐かしいわね。
梅子
またトラちゃんと法律談義できるとは。

すると、そのタイミングで多岐川(滝藤賢一)から電話がかかってきたので、寅子はそっちに向かいました。

花江
本当にすごい。トラちゃんも梅子さんも。私だけ、自分の役目を果たせていない。トラちゃんのラジオを聞き終わった後に、息子に言われたんです。

道男と一緒になってもいいよって。うちで面倒を見てた子なんだけど、何を勘違いしたのか私が道男を好きだと思ったみたいで。私は笑ってしまって。

道男が来ると、なぜか亡くなった夫・直道が夢にでてくるから嬉しくなってたの。その話をすると、息子はボロボロと泣きだして。

本当は嫌だけど、お母さんが幸せならと思っていたと言ったの。ダメな母親だわ。

梅子
トラちゃん風にいうと、はて?よね。でも、息子さん他人の幸せ考えられるようになってるじゃない。その時点で、私より優秀よ。私から一つ助言すると、良い母になんかならなくていいと思う。自分が幸せじゃなきゃ、誰も幸せになんかできないのよ。

花江は泣きながら梅子の手を握りました。

 

そして、いよいよ「愛のコンサート」の日がやってきます。愛のコンサートは、大盛況の中で終えることができました。

愛のコンサートが終わって、法曹会館でみんなでラジオを聞いて笑いあいます。

多岐川
佐田くん。君は、本当にいい笑顔をするな。よし歌え。愛のコンサート第2部だ。

小橋(名村辰)と稲垣(松川向瑠輝)が拍手します。

寅子
仕方ないですね。その前に一言。多岐川さんが私をいい笑顔で笑うとおっしゃいました。そのことで、亡くなった夫を思いだしました。夫もきっと、家裁で働く私を応援してくれていると思います。歌います。

そういって、いつものように「モンパパ」を歌いました。涙ながらに歌った寅子は、3人から拍手されました。

そして、この「愛のコンサート」の成功が今後の寅子の人生を大きく変えていくことになります。虎に翼第65話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第66話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

光る君へネタバレ,あらすじまとめ
虎に翼見逃し配信はコチラ
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ