鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ最終回/第48話「キャストも驚愕のラスト」

このページは、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」最終回/第48話のネタバレ,あらすじを吹き出し・会話形式でわかりやすくしてお伝えしています。

鎌倉殿の13人のあらすじ第47話で、後鳥羽上皇(尾上松也)は義時(小栗旬)追討の院宣を発して北兵を挙げました。

 

鎌倉殿の13人の最終回/第48話のあらすじは、後鳥羽上皇に対し鎌倉が徹底抗戦するところからはじまります。最終回放送日は、2022年12月18日です。タイトルは「」です。

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ最終回

後鳥羽上皇(尾上松也)が日本全国に義時追討の院宣をだして、北条討伐を命じます。鎌倉は、政子(小池栄子)を中心に徹底抗戦することを決めました。

鎌倉の作戦は、後鳥羽上皇を迎え撃つのではなく即刻出撃するする戦略を選択しました。

義時
総大将は、泰時に任せる。鎌倉の命運は、お前に託した。

承久3年(1221)5月22日、泰時(坂口健太郎)は、わずか17人の兵を引き連れて京へと向かいました。その途中で、北条を助けようと御家人たちがどんどん集まります。

最終的には、19万人にも兵が膨れ上がっていました。後鳥羽上皇の側近・藤原秀康が率いた1万の官軍は、京に入れないように宇治川で戦いますが兵力の差は明らかでした。

 

義時は、戦に勝って安堵していました。しかし、その結果として朝廷の面々の処罰をしなければなりません。

義時
この私が、次の帝を決めるのか。

義時は、裁きを大江広元(栗原英雄)と相談します。

義時
後鳥羽上皇は、隠岐島でどうだろうか。
大江広元
それで良いかと思います。

義時は、後鳥羽上皇を隠岐島に流罪とします。そして、直系の親族たちを各地に流罪にしました。天皇も後鳥羽上皇の甥に変更しました。

また、泰時と時房(瀬戸康史)を京に滞在させて、朝廷の動きの監視と問題への対処に当たらせました。

 

貞応3年(1224)6月、京から鎌倉へ泰時と時房が戻ってきて義時と話をしている時です。義時は、突然にめまいをして倒れてしまいます。

北条泰時
父上、父上・・・

大事にはなりませんでしたが、のえ(菊地凛子)が薬草を勧めます。

よく効きますから、これをお飲みください。

義時は嫌がりましたが、しぶしぶ飲みます。

 

一方、東国の御家人に西国の所領があたえられました。しかし、東と西のこれまで行っていた習慣違いから西側諸国の者たちが反発をしていました。

天皇を担いで、兵を挙げようとする動きも噂されていました。

北条泰時
東も西も関係なく、公平な決まりが必要です。

泰時の考えは認められ、「御成敗式目」に武士が守るべきルールを書きました。

 

義時は、運慶(相島一之)に作らせた自分に似た仏像が完成します。しかし、その仏像には邪気の顔を描かれていました。

義時
なんだこれは?

義時は怒った瞬間に再び、めまいでフラフラと倒れてしまいます。

 

義時の体調が安定してきたタイミングで、盟友・三浦義村(山本耕史)がやってきました。

義時
泰時のことを支えてやってくれ。
三浦義村
この先も三浦が北条を支える。

笑いあって別れた2人ですが、その後に義時の病状が悪化します。そこに、政子(小池栄子)が見舞いにやってきました。

北条政子
あなたは、上皇様を島流しにした大悪人です。私は、身内を追いやって尼将軍に上り詰めた悪女。頼朝さまから鎌倉を受け継ぎ、次代につないだ。これからは、争いのない世が来るわ。

政子と話をしているうちに、義時は意識が遠くなっていきます。義時の最後が近づく中、政子をじっと見つめて義時は、息を引き取りました。 完

 

鎌倉殿の13人の次のNHK大河ドラマは松本潤さんが徳川家康役の「どうする家康」です。選択の連続で、苦労する新しい家康像であるどうする家康?のネタバレ,あらすじ,キャストを総まとめはコチラ



あなたにおススメのページ

どうする家康ネタバレ,あらすじはコチラ
鎌倉殿の13人完結編 公式はコチラ
舞い上がれネタバレ,あらすじの吹き出し
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ