鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第46話「将軍になった女」

このページは、NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第46話のネタバレ,あらすじを会話形式・吹き出し方式でわかりやすくお伝えしていきます。

鎌倉殿の13人のあらすじ第45話で、公暁(寛一郎)によって源実朝(柿澤勇人)が暗殺されました。そして、公暁は三浦義村(山本耕史)によって殺されました。

 

鎌倉殿の13人の第46話のあらすじは、次の鎌倉殿をどうするかというところからはじまります。鎌倉殿の13人の第46話のタイトルは「将軍になった女」です。

鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじ第46話

源実朝と公暁が亡くなったことから、源氏の嫡流は阿野全成(新納慎也)と実衣(宮澤エマ)の息子・阿野時元だけになりました。

実衣は、時元を鎌倉殿にするために三浦義村(山本耕史)に話をもちかけます。

三浦義村
通常であれば、難しいが鎌倉殿を急いで立てる必要がある今なら、可能性はあります。次は、時元殿に決まったと朝廷に申し上げれば、宣旨をくださるだろう。手筈は、三浦にお任せください。

三浦義村は、そういって実衣の言質をとりました。そして、すぐに義時(小栗旬)のところに向かいました。

三浦義村
食いついてきたぞ。あとは、時元を挙兵に追い込むだけだ。そこを討ち取るだけだ。
義時
わかった。

義時の予想通りに、実衣は動いていたのです。時元は、義時にとって争いの種になりかねない。だから先に芽を潰そうと考えていたのです。

 

一方、後白河法皇(尾上松也)は鎌倉からの頼仁親王がいつくるのか催促された書状をみて、悔しそうな顔になります。

後鳥羽上皇
辞退してくるのかと思ったら、ぬけぬけと催促してきおった。あくまで、こちらから断らさせる魂胆だな。

朝廷は、何か有効な手立てがないか考えを巡らせます。

 

建保7年2月22日、時元は義時の罠にまんまと嵌り挙兵をして、義時の準備していた兵に囲まれて自害しました。

そして、謀反人となった時元に実衣がかかわっていたとして、詮議にかけられました。

実衣
私は、そんなこと知りません。
三浦義村
宣旨をいただければ、あなたが鎌倉殿。兵を挙げれば、御家人は従います。そう書いてありますが・・・

三浦義村は、実衣の書状を証拠として出しそれを読み上げました。実衣は、かかわりを否定することができなくなりました。

義時
厳罰に処すべきで、死罪が相当だ。
北条政子
実衣は、長年にわたり支えてくれた妹よ。

政子(小池栄子)や泰時(坂口健太郎)は、実衣のことを援護します。

大江広元
肉親であったとしても、罪をおかしたときは厳罰に処する。その時、はじめて尼御台へ御家人たちが忠義を誓うことになります。

その場で、実衣の処罰は決まらずしばらくは部屋に閉じ込められることになりました。

 

2月に入り、後鳥羽上皇から書状が届きました。

後鳥羽上皇
2人の親王のうちどちらにするか吟味した。

後鳥羽上皇は、鎌倉と同じように相手に断らせようと駆け引きをしてきたのです。

 

その後、後鳥羽上皇は実朝を弔問するために使者を鎌倉に送りました。そのついでに、2つの国の地頭に注文を付けて変えるように求めました。その2つの国の地頭は、義時でした。

義時
嫌がらせにきまっておる。

義時は怒り、ことの流れを大江広元(栗原英雄)と時房(瀬戸康史)と一緒に政子に連絡しに行きました。

北条政子
上皇様は、鎌倉が言うことを聞くのか試しておられるのです。
義時
言いなりになってはなりませぬ。しかし、いつまでも鎌倉殿不在の状況を続けられませぬ。時房に軍を率いて京に参らせましょう。そして、次の鎌倉殿は摂関家から選んでいただいた方が鎌倉には望ましい。
北条政子
他の宿老たちの承諾は得ているの?
義時
私の考えが鎌倉の考えです。

時房の役割は重要で、少しでも間違えると戦になりかねません。

時房
できれば、蹴鞠で決着をつけたいものだな。

 

そして、時房は1000の兵を連れて上洛しました。

時房
軍勢は、護衛であって脅しではありませぬ。
後鳥羽上皇
これでは、埒があかんわ。蹴鞠で勝負しろ。
時房
望むところです。

蹴鞠の対決は、後鳥羽上皇がよろめいたところ途中で審判が引き分けを言い渡します。時房が勝ったことになると、生涯朝敵になるので時房は負けを認めます。

時房
私の負けでございます。
後鳥羽上皇
勝つことはできなかったが、そなたの力は認めよう。親王の代りに、他の者を送ろう。

それで手打ちとなりましした。ある日、慈円(山寺宏一)が秘密裏に鎌倉にやってきました。鎌倉殿は、九条一門の三寅に決まったことを伝えにやってきたのです。

三寅は、まだ2歳ということもあり義時たちは扱いやすいと喜びます。その数日後、三寅が鎌倉にやってきました。

 

三寅は、まだ幼いので元服してから将軍(征夷大将軍)になる流れになります。

義時
私が政を行いますので、問題は起きないかと。

その義時の言葉に、政子が反発します。

北条政子
あなたは、自分を過信しすぎています。二歳の三寅様に、御家人が従うはずがなく鎌倉が再び乱れかねない。私が鎌倉殿のかわりをしましょう。

あまりに唐突なことで、義時は驚きました。義時が頼朝の威光を使えるのは政子だけだと話したので、納得するしかありません。

北条政子
鎌倉殿と同じ力を認めていただきましょう。呼び名は、尼将軍にいたしましょう。

この日の夕方、政所始が行われました。三寅のお披露目の意味合いであった政所始は、政子の尼将軍のお披露目にもなりました。こうして、政子は義時以上の権力を持つことになりました。

政子は鎌倉殿の代理となり、すぐに実衣を助け出しました。鎌倉殿の13人第46話のネタバレ,あらすじはここまで。鎌倉殿の13人第47話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

鎌倉殿の13人第47話ネタバレ,あらすじ
鎌倉殿の13人完結編 公式はコチラ
舞いあがれネタバレ,あらすじの吹き出し
鎌倉殿の13人ネタバレ,あらすじまとめ