虎に翼 あらすじ第15話「卒業」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第15話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第14話で、法廷劇の内容が学長によって実際の判例とはつくりかえられていたことがわかります。

 

虎に翼のあらすじ第15話は、よね(土居志央梨)にはる(石田ゆり子)が反論するところからはじまります。虎に翼第15話のタイトルは「卒業」です。

虎に翼あらすじ第15話

涼子
ごめんなさい。もっと早くに言えば良かったんだけど、どうしてもみなさんとお饅頭をつくってみたかったの。
山田よね
帰る。事件が無茶苦茶なら、無駄な時間をすごしただけじゃない。
はる
それは違います。少なくても私は、娘があなた達と学べてよかったと思った。寅子は同じ志のある仲間に出会えたん・・・

話の途中で突然、花江(森田望智)が泣いていました。

花江
みなさんが話しているのを聞いていても、この輪に入れないって思うの。私は戦わない女側だから。それが悔しくて。
山田よね
自分で選んだ道だろ。恵まれてるくせに、甘えるな。
寅子
みんな辛いのなら、私はどんどん弱音を吐いていくべきだと思う。
山田よね
弱音を吐いたところで、何も解決しないだろ。
寅子
うん。しない。でも、弱音を吐く自分を。ありのままのその人に寄り添える弁護士になりたいの。

寅子(伊藤沙莉)のその言葉に、そこにいる人たちが次々と弱音を吐いていきました。

涼子
私も吐くわ弱音。恵まれてるとか、華族だからってまとめられるのは嫌。
梅子
姑の小言とか、存在が嫌。
さいこうしゅく
日本語を間違えて、笑われるのが嫌。
花江
お義母さんがほめてくれないのが嫌。どんなに頑張っても、ほめてくれない。いっつも後から砂糖を足すのが嫌。

はる(石田ゆり子)は驚きます。いつも、花江の煮物に微量の砂糖を足していたが、それが苦痛だったとは夢にも思いませんでした。

花江がストレスをためていた、嫁姑問題はこの日にお互いが言葉にして話したことで解決に向かいました。

 

しかし、よねは弱音をはきません。そのため、帰り際に寅子が言います。

寅子
よねさんは、そのまま嫌な感じでいいから。怒り続けることも、弱音を吐くのと同じように大切なことだから。私たちの前では、好きなだけ嫌な感じでいて。
よね
あほか。

よねは、寅子に少しずつ心を開きかけていました。こうして、1年半後の1935年に寅子たちは女子部を卒業しました。

そして、明律大学法学部に進学します。虎に翼のあらすじ第15話はここまで。虎に翼のあらすじ第16話につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼のネタバレ,あらすじ第16話
虎に翼のネタバレ,あらすじ第4週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ