どうする家康 ネタバレ,あらすじ第4話「清州でどうする」

このページは、2023年(令和5年)のNHK大河ドラマどうする家康第4話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています

どうする家康のあらすじ第3話で、松平元康(松本潤)が織田方についたことで、駿府に残っていた三河衆は、磔で串刺しにされてしまいました。

 

どうする家康の第4話のあらすじは、元康が清州城に行く準備をしているところからスタートします。どうする家康の第4話タイトルは「清州でどうする」です。

どうする家康 ネタバレ,あらすじ第4話

松平元康(松本潤)は、織田信長(岡田准一)と会う心得を鳥居忠吉(イッセー尾形)からレクチャーされていました。

鳥居忠吉
最初が肝心です。決して相手に呑まれてはなりませぬ。目を見てもそらさず、相手が頭を下げるまでは、こちらから下げてはなりませぬ。

その様子を家臣たちが見ていました。

松平元康
清州などに行ったら殺されるかもしれない。
酒井忠次
しかし、行くしかござらぬ。
石川数正
不穏な動きがあれば、その場で一戦交える覚悟でおられることです。

永禄5年(1562)、元康は水野信元(寺島進)に連れられて清州城に行きました。家臣たちもついてきています。

徹底的に訓練されている家臣たちに、鳥居元忠(音尾琢真)は驚きます。

鳥居元忠
なんじゃ、これは・・・
酒井忠次
これが織田家か。
本多忠勝
勝てんはずじゃ。

元康も同じ気持ちになっていました。

水野信元
安心せい甥っ子。俺と信長さまは兄弟のようなものだ。ちゃんと取り持ってやるから。

入口に柴田勝家(吉原光夫)が案内役としていました。柴田勝家に信長がいる広間に案内されます。

柴田勝家
お座りください。

元康は、なるべく離れてすわりました。

柴田勝家
もっと、お近くに。

そう言われ、元康はしぶしぶ前に進みました。そんな元康を信長はじっと見ました。決して自分から頭を下げるなといわれていた元康ですが、ついに息ができなくなります。

松平元康
松平元康でございます。
織田信長
織田信長である。一別以来じゃの白兎。
松平元康
はは。

挨拶を終えると、元康たちは広間を後にしました。信長にびびっていた水野信元は、早々に帰っていきました。そして、元康は勝家に宿舎を案内されました。

柴田勝家
ご自由にお使いください。

そして、柴田勝家は猿を呼びました。

豊臣秀吉
へいへい。
柴田勝家
この者が身の回りの世話をいたすゆえ、何なりと申し付けください。
豊臣秀吉
木下藤吉郎です。方々からは、猿と呼ばれています。猿とお呼びください。甘いみかんを用意しておきました。

その後です、柴田勝家はおもいきり木下藤吉郎を蹴りつけていなくなりました。

松平元康
なぜ、蹴っていかれたのじゃ。
豊臣秀吉
蹴りたいときに蹴られるのも猿の役目にございます。蹴りたい時に、蹴ってくださいませ。
松平元康
そんなことはできぬが・・・。
本多忠勝
ここは、どうかしている。

そして、元康はみかんを食べます。みかんは瀬名(有村架純)の好物です。

松平元康
駿府の様子はどうじゃ。
石川数正
ぬかりなく探らせております。お方様もお子様もご無事の様子です。

少したって、木下藤吉郎(ムロツヨシ)がやってきました。

豊臣秀吉
殿は、松平さまとやるのをたいそう楽しみにしておりました。
松平元康
やる?なにを?

再び清洲城の広間に向かうと、信長が元康と相撲をとる準備がされていました。観衆が取り巻くなか、相撲をとることになります。

織田信長
殺すつもりでこい。相撲で死んでもうらみっこなしじゃ。

信長が圧勝するかと思われた相撲ですが、元康も健闘していました。ぎりぎりの対決となり、少しの差で先に元康が地面につきました。

柴田勝家や木下藤吉郎などの織田家の家臣は、胸をなでおろしました。

織田信長
それでよい。
豊臣秀吉
元康さま、もう一人、手合わせしたいという方がいらっしゃいます。
松平元康
もう一人?

すると、そこに小柄で仮面をかぶった人がいました。いきなり木製の薙刀で攻めてきます。元康も稽古用の槍を勝家から受け取り応戦します。

この戦いも接戦になりますが、最後は元康が勝ちます。元康は、相手が女性であることに気づきます。

織田信長
覚えておらぬか。いつも俺の後をくっついていた妹・市じゃ。
お市
久しゅうございます。竹殿。
松平元康
お市さま・・・

元康が織田家で人質になっていたころ、いつもそばにはお市の姿がありました。そのことを思い出す元康。お市(北川景子)は、元康たちに城外を案内しました。

松平元康
清州がここまで栄えているとは思いませんでした。
お市
兄は、数年でなにもかも変えてしまいました。特に桶狭間以降は、人も富も勝手に集まってきます。あっちは、小牧山じゃ。あっちに町をつくっておる。清州よりも大きな町じゃ。
松平元康
清州より大きい・・・
お市
山の上の城は石垣。小牧山城から美濃を攻める。美濃を手に入れたら西に向かう。乱世とは愉快なものよ。力さえあれば、なんでも手に入る。ただ、男ならな。

翌日、元康は正装して清州城に向かいました。

酒井忠次
この談判こそ、重要ですぞ。一歩も引いてはなりませぬ。
石川数正
境川を国境にすること。今川の処し方を任せていただくこと。この2つは譲ってはなりませぬ。
松平元康
わかっておる。相撲で負けても、談判では負けはせぬ。

元康が行くとすでに、柴田勝家と木下藤吉郎が待っていました。

柴田勝家
織田は、何をおいても松平を助け、松平はなにをおいても織田を助ける。以上が、この度の盟約です。異論ございませんな。

そういわれて、元康はサインさせられます。

松平元康
あの国境を決めておかねばならぬと思いますが。
織田信長
お主は、どうしたい?
松平元康
境川がよろしいかと。
織田信長
それでよい。
松平元康
ありがとうございまする。今川の処し方についてですが・・・
織田信長
滅ぼせ。
豊臣秀吉
遠江も駿河も全部切り取りなはれ。
松平元康
恐れながら、今川は今なお大国です。和議を結ぶのが得策かと。
柴田勝家
それはなりませぬ。松平殿がやらなければ、武田か北条が切り取ります。そうなれば、三河が危ない。すなわち織田も危うくなる。松平さまが今川を切り取らなければなりませぬ。
織田信長
今川は滅ぼせ。よいな。

信長の圧力の前に、元康はひれ伏すしかありませんでした。

 

その後、元康は信長に呼ばれ2人で話をします。

織田信長
市をめとれ
松平元康
私には、妻と子がいます。
織田信長
駿府に捨ててきたのであろう。あれは、その辺の男よりも頼りになるぞ。駿府の姫よりも遥かにお主の役に立つだろう。
松平元康
お市さまがどう考えるか。
織田信長
もう2、3日おって、形だけでも祝言をあげておけ。
松平元康
いささか急ぎすぎかと。
織田信長
おれは、とろとろするのが嫌いじゃ。やれ。話はしまいじゃ。行ってよい。
松平元康
私は、臣下の礼をとりにきたのではありません。織田殿の軍門にも下っておりませぬ。
織田信長
ほう。
松平元康
織田軍の守る丸根砦を崩し、大高城を守りました。
織田信長
見方はいろいろあるものじゃのう。
豊臣秀吉
元康殿、こういう見方もあります。殿は、ハナから大高城を力で攻めなんだ。大高をじわじわ攻めろ。ただ、落としてはならぬ。

大高城が苦しめば、今川義元はでてこずにはいられん。落としてしまっては、引っ込んでしまう。だから、元康殿が兵糧を入れにやってきたときに、通してやれと。

おかげで、今川義元はまんまと罠に引っ掛かってくれたんだわ。元康殿、そなたのおかげで義元の首を・・

松平元康
嘘じゃ。全部が罠なんて、神でもおらぬ限り・・・
豊臣秀吉
あくまで、物の見方ということで。

元康の背中に冷たいものが流れました。

 

その頃、駿府の瀬名も厳しい状況にたたされていました。今川氏真(溝端淳平)の側女にさせられようとしていたのです。

そして、ある晩に瀬名は氏真に呼ばれ、元康へのお守りを握りしめた手の先を切り、血判状を書かせます。元康が離縁状を書こうとしていたところに、血判状が届きました。

瀬名
たすけて せ

それを見た元康は、覚悟を決めてお市(北川景子)に会いました。

松平元康
お市さま。申し上げたい儀がございます。

その元康の様子に、お市は察しました。

お市
私も言いたいことがございます。嫌です。兄の申し付けとはいえ、か弱き男の妻になるのは、嫌です。この話、お断り申し上げます。
豊臣秀吉
それはいけませぬ。お市様、元康殿。戦になりますぞ。お考え直してください。

元康とお市は、清州城の信長のもとに向かいました。木下藤吉郎は、震えながら状況を見れずにいました。

お市
お願い申し上げます。
松平元康
私には、すぎたる姫でございます。
織田信長
つまりお主は、織田との盟約を破棄して、今川に戻りたいと申すのか。
松平元康
私は・・・信長殿をわが兄と存じております。
織田信長
ではどうする。
松平元康
なにもいたしませぬ。兄上との約定をしっかりお守りいたします。元康、今川領を切り取り、滅ぼしまする。そして、妻と子を取り戻します。異存ございますでしょうか?

元康は、堂々と言い切りました。信長は、その申し出を受け入れました。

 

信長は、お市と話をします。

織田信長
どうじゃ。男にそっぽむかれる気分は?しかも、恋焦がれた男に。
お市
これで気がすみました。兄上の申すところどこにでも嫁ぎます。
織田信長
三河を攻めて、奴を殺してやってもよいぞ。
お市
そんなことをすると、武田や北条と兄上が相対することになります。やっかいごとは、白兎殿にやらせておくのがよいかと。兄上が、信をおける方は、あの方だけかもしれませんから。

岡崎へ戻る途中、馬を走らせる元康の家臣たちが覚悟を決めていました。

酒井忠次
今川との大戦がはじまるな。
石川数正
うむ。

その頃、今川家では氏真が背後に今川義元の兜を置き、再興することを決意していました。どうする家康第4話のネタバレ,あらすじはここまで。どうする家康第5話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

どうする家康第5話ネタバレ,あらすじ
どうする家康 公式ブックはコチラ
どうする家康ネタバレ,あらすじまとめ
舞い上がれネタバレ,あらすじの吹き出し