どうする家康 ネタバレ,あらすじ第7話「わしの家」

この記事は、2023年(令和5年)のNHK大河ドラマどうする家康第7話あらすじ,ネタバレを吹き出し(会話形式)でお伝えしています

どうする家康のあらすじ第6話で、瀬名(有村架純)と子どもたちを今川家から奪還して、岡崎城に戻りました。

 

どうする家康の第7話のあらすじは、松平元康(松本潤)が名前を変えようとしているところからスタートします。どうする家康の第7話タイトルは「わしの家」です。

どうする家康 ネタバレ,あらすじ第7話

岡崎城で松平元康(松本潤)が名前を並べて悩んでいました。

松平元康
う~ん。

そこに、瀬名(有村架純)と竹千代らが帰ってきました。

瀬名
ただいま戻りました。
松平元康
遅かったではないか。
瀬名
河原で花を摘んで、水遊びをしておりました。
松平元康
水遊びは危ない。なるべく城の中におれ。
瀬名
心配しすぎにございます。まだ、お決まりならないのですか?
松平元康
ああ、どれもしっくりこなくてな。
瀬名
変えなくてはならぬのですか?
松平元康
元康の元は、今川義元様からとっているので、縁起が悪いと信長殿も・・・。
瀬名
言いなりにならぬとも良いのではないですか?
松平元康
信長殿とわしは対等な関係じゃ。いいなりには、なっておらぬ。
瀬名
あっこれよろしいじゃないですか。やすやす
松平元康
え?泰康。松平泰康
瀬名
やすやすとことをなせるので、泰康。いいじゃないですか。
松平元康
そなたは、やはり変わっておるな。
瀬名
そうかしら。

そんな話をしているところ、於大の方(松嶋菜々子)がやってきました。

於大の方
お瀬名殿や。
松平元康
また来られましたか。母上には、上ノ郷城を差し上げたじゃございませぬか。
於大の方
私には、お瀬名殿を一人前の三河女にする役目がございます。さあ、おいでなさいませ。

そして、瀬名は台所を手伝いはじめます。

於大の方
なんですか。そのへっぴり腰は。もっと腰を入れて洗いなさい。
瀬名
はい。
於大の方
まことに何もできない姫じゃのう。三河では、花だけ活けておればよい女子はおりませぬよ。
瀬名
はい。

そこに、酒井忠次(大森南朋)がやってきます。

酒井忠次
お方様、なすがとれましたのでもってきました。皆さんでどうぞ。

その後、廊下を歩いていると、瀬名が呼び止められます。

平岩親吉
お方さま、河原で丸い石をみつけました。これほど丸い石は珍しいので差し上げます。
登与
お方さま、モテモテですね。
瀬名
みなありがとう。私は、ここが好き。みんながひとつの家におるようで。私も早くここの人になりたい。
於大の方
だったら、せっせと励みなされ。のんきなことを言って居る暇はないですよ。
瀬名
はい。

於大の方も厳しいように見えて、自分なりに心を許していました。

松平元康
ひとつの家か・・・

そうつぶやき、部屋に戻りました。この年の夏、元康は松平家康と名前を変更しました。

 

「家康」と書かれた紙を見て、酒井忠次は感心したように言います。

酒井忠次
なるほど、武家の八幡太郎源義家公の家でございますな。
松平元康
それもあるが・・・わしはこの三河を一つの家だと考えておるのじゃ。
石川数正
妻子だけでなく、家臣も民も皆が親であり兄弟であると考えておられるのですな。その意味も込めて家康。
酒井忠次
お方さまから同じようなことを仰せだったような。
松平家康
そうだったかの・・・ははは。

そんなことを言っているところ、織田からの使者・木下藤吉郎(ムロツヨシ)が岡崎城にやってきました。

豊臣秀吉
お方様とお子様を取り返して、えれえことですな。なげえこと離れておったので、今たまらんことでしょうな。夜だけでなく昼も・・・ひゃっひゃっひゃっ。是非、この猿もお方様にご挨拶を・・・
松平家康
いやいや、それには及ばん。それで、ご用件は?
豊臣秀吉
鷹狩りのお誘いをしに来ました。
松平家康
日取りさえあえば、是非
豊臣秀吉
んにゃ。今、今。
松平家康
今?
豊臣秀吉
今、もうやっております。
松平家康
どこで?
豊臣秀吉
西尾のあたりで。
松平家康
そこは、我が領土のはずでございますが。
豊臣秀吉
ええ場所じゃ。

家康は狩装束に着替えて、すぐに西尾に向かいました。すると、信長(岡田准一)は武装していました。少ないながら、兵も同じく武装しています。

松平家康
鷹狩とお伺いしました。わが所領で何をなされているのですか?
織田信長
鷹狩じゃ。獲物がたくさんとれたわ。

そういって、指さしたところには捕らえられた者たちがいました。

豊臣秀吉
こやつは、東条、吉良義昭の家中の者。こっちは、大草松平の家中、こっちは上野の酒井忠尚の家中。謀反の企てを白状しました。家康殿の所領には、悪い鼠がぎょうさんいますな。
織田信長
わしの家だの、ひとつの家だのよくそんなことがいえるな。こいつらが手を組んで立ち上がったらどうなる?うん?俺は、今から美濃の平定にとりかかる。お主には、三河をしっかり押さえてもらわなければ困るのだ。
松平家康
はい。

狩られた者たちは、その後処分されました。

 

そして、すぐに離反の鎮圧にあたりました。しかし、ここ数年ずっと戦をしておりお金もお米もない状況です。

石川数正
城の蔵はもはや空っぽです。このままでは、戦も政もままなりません。
松平家康
銭がない。それに尽きるか・・・。

家康は、お金をなんとかしなければいけないので、本多正信(松山ケンイチ)を呼びました。

本多正信
尾張は、商いの盛んな国です。三河より遥かに銭があります。借りるだけ借りて、今川を切り取った分で返せばよろしいかと。
松平家康
それは、ならん。信長には借りとうない。
本多正信
何故?
松平家康
本来、信長とは対等な関係のはずじゃが、どうもそのようになっておらん。信長は、この三河さえも己の領土のようにしておる。
本多正信
それは、殿も悪うございます。ガツンと言ってやればよい。
松平家康
わかってはおるが、あの男は物凄く怖いんじゃ。銭まで借りたら、もう二度と頭が上がらんわ。

その日の夕方、瀬名が一向宗の寺に行きたいといいます。それを家康は拒否します。

松平家康
ならん。一向宗などという怪しげなところは、断じてならん。わしの大樹寺に行ってまいれ。
瀬名
殿は、一向宗に行ったことがおありなのですか?
松平家康
あるわけないだろう。
瀬名
それでは、わからないではないですか。餅やお饅頭もあるのだそうです。
松平家康
いかん。あの連中に銭があるのは、城に一切年貢を納めないからだ。わしらのいうことを聞かず、たんまりとお金を貯めておる。

そこで、家康はここにお金があるではないかとひらめきました。そこで、重臣たちを集めて年貢をとることを家康が言います。

しかし、重臣たちは賛成することなくみなが反対します。そこで、家康はお忍びで本證寺に行きました。お供に、本多忠勝(山田裕貴)と榊原康政(杉野遥亮)を従えました。

 

家康たちは百姓の格好をして、潜り込みました。家康は、町の豊かさに驚きました。

松平家康
なんということじゃ。
榊原康政
岡崎城下よりも、にぎわっているくらいですね。食い物もたんとある。いい匂い。
本多忠勝
酒も博打もなんでもありか。
榊原康政
大樹寺とはえらい違いじゃ。
本多忠勝
罪人もここに逃げ込めばわからなくなるな。

そして、家安は町の様子を見てイライラしはじめました。なぜなら、年貢を支払っていないからこそ潤っている町だからです。

そんな中、酒を飲みながら博打をしている武士を見つけました。渡辺守綱(木村昴)です。守綱は、家康たちに気づきました。家康たちは身分を隠して挨拶しました。

榊原康政
島田村の小平太です。
本多忠勝
同じく、平八
松平家康
家太郎・・・でございます。
渡辺守綱
汚い面だな。顔くらい洗え。あほたけ。

そういって、守綱は家康の頭をはたきました。

松平家康
なにするか。

家康は思わず身構え、刀に手をかけます。

渡辺守綱
俺を誰だと思ってるんだ。渡辺守綱様だぞ。

そういって、家康をヘッドロックします。案内役の長吉が慌てて引き離し、家康を連れていきました。

松平家康
守綱め。禄をとりあげてやろうか。

そう毒づく家康に対して、守綱は考えていました。

渡辺守綱
どっかで見たことある気がするんだよな~。ま、気のせいか。

家康がぷりぷりしながら歩いていると、楽団のような一行がやってきました。その先頭で踊っている千代(古川琴音)にみなの目がとまります。

千代
さあさあ、お堂に集まり。空誓様がお見えになるよ。悩んでることをすべて上人様が聞いてくれるよ。

どんどん上人のところへ行く人たちに対して、家康たちは取り残されていました。

千代
坊やたちは、初めて?
本多忠勝
はい。

千代に誘われて、家康たちも空誓上人(市川右團次)のところに連れていかれました。

 

人々は、空誓上人の話を涙を流しながら聞いていました。その後、みなで踊り出したところに家康は千代に頼みます。

松平家康
上人様と話がしたい。うかがいたいことがあるんじゃ。頼む。

千代は、空誓上人のところに連れていってくれます。家康は、なぜ年貢を納めないのか聞きました。しかし、空誓上人ははぐらかします。

しかも、政をしてる奴がバカとかお金をアホなことにしか使わないとぼろくそいいます。そんことに、家康は怒りがわいてきました。

 

空誓上人がいなくなり、千代に踊るように促されます、そこで会ったのは、瀬名でした。反対された瀬名は、於大や登与(猫背椿)は侍女に扮してやってきていました。

於大の方
民の者の様子を見るのも上の者の役目ですぞ。

家康は、瀬名の手をひっぱります。

瀬名
殿、手が痛うございます。
松平家康
お前がいつからそんなふしだらな女になったんだ。
瀬名
ふしだらなことなどしておりません。
松平家康
踊っておったではないか。
瀬名
踊ることがふしだらなのですか。
松平家康
こんな踊りは、ふしだらじゃ。
瀬名
殿だってきれいな女子と・・・。
松平家康
あれは違う。これは役目じゃ。ここがどのようなところか密かに見物にきたのじゃ。
瀬名
私も同じことです。
松平家康
お前は、そんなことしなくてよい。
瀬名
どうしてですか。
於大の方
まあ、まあそんなに怒鳴らんでもよろしかろう。
松平家康
母上は、黙っていてください。そして、御自分の城におりなされ。

家康は、岡崎城に帰って竹千代と亀姫と遊んでいました。そこで、瀬名が驚きます。

瀬名
お寺から年貢をとる?
松平家康
ああ、すべての一向宗の寺から年貢をとっておる。これで、戦費の準備もできるわ。なあ、竹千代。
瀬名
でも、お寺から年貢をとることはできないのでは?
松平家康
わしは、あのような寺を寺とは認めん。
瀬名
そのような道理が通るのですか?
松平家康
随分、寺の肩を持つのう。
瀬名
私はただ、道理が通らぬのではないかと思って・・・他の方はなんとおっしゃっているのですか?
松平家康
あいつらに言えば、異をとなえる。
瀬名
おひとりで、お決めになったのですか?
松平家康
わしはこの国の主じゃ。今まで甘やかしすぎたのじゃ。

家康のやったことが1ヶ月後、大きな問題になります。どうする家康第7話のネタバレ,あらすじはここまで。どうする家康第8話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

どうする家康第8話のネタバレ,あらすじ
どうする家康 公式ブックはコチラ
どうする家康ネタバレ,あらすじまとめ
舞いあがれネタバレ,あらすじの吹き出し