虎に翼 あらすじ第63話「本当の闘い」

このページでは、NHK朝ドラ「虎に翼」の第63話ネタバレ,あらすじを吹き出し(会話方式)でお伝えしています。

虎に翼のあらすじ第62話で、寅子(伊藤沙莉)は遺言の検認のためにやってきた梅子(平岩紙)と久しぶりに再会しました。

 

虎に翼のあらすじ第63話は、寅子は関係者に友人がいたことを相談するところからはじまります。虎に翼第63話のタイトルは「本当の闘い」です。

虎に翼あらすじ第63話

寅子(伊藤沙莉)は関係者に友人の梅子(平岩紙)がいたことから、浦野に相談しました。しかし、家庭裁判所は人手不足のため、寅子はそのまま担当することになります。

遺言の関係でもめることになると、まずは調停委員による調停が行われます。調停の話し合いで決まれば寅子の出番はありません。

 

しかし、調停で話がまとまらなければ裁判官による審判で決定することになります。そうなると、寅子も審判をする必要がでてきます。

その後、寅子は多岐川(滝藤賢一)につかまり「愛のコンサート」の会場探しに付き合わされます。

多岐川
いい会場がおさえられた。ついてるな。
寅子
来月末ですよ。出演者が誰も決まってないけど、大丈夫なんですか。
多岐川
あいつがいいんじゃないですか。東京ブギウギの。
寅子
福来スズ子なんて、呼べるわけないでしょ。

一方、家庭裁判所は夜も相談を受け付けることになり、寅子はますます忙しくなってしまいます。

 

そうなると、家事の負担が花江(森田望智)一人にのしかかってしまいます。そのため、花江もピリピリしていました。

直明
手伝うよ。
花江
私が家を守らなければいけないの。それに、お母さんならこんなこと簡単にしてたと思う。

そういって、花江は直明(三山凌輝)の言葉を聞き入れませんでした。

 

その頃、轟(戸塚純貴)とよね(土居志央梨)が大庭家を訪れていました。

轟太一
弁護士の轟と申します。梅子さんに依頼を受けて、遺言の証人について調べさせていただきました。

大庭家には、すみれもいて関係者全員がそろっていました。

轟太一
証人の住所を確認したところ、まったくの別人が住んでいたことから遺言書は無効です。
よね
それどころか、有印私文書偽造に問われるおそれすらある。反論があれば、聞くけど。

すると、すみれはもうばれちゃったと開き直ります。

よね
これで、一安心だな。
梅子
本当の闘いは、これからよ。

ここから、梅子にとって本当の闘いがはじまるのでした。

 

すみれが帰った後、大庭家で遺産分割の話になります。長男・徹太は梅子も含めて全員に相続放棄をするように促します。

徹太の妻・静子もそれを後押しします。徹太が長男だからすべてを引き継ぐと主張したのです。

よね
弁護士なのだから、民法が改正したことはご存知ですよね。配偶者が1/3。子どもたちが2/3を等分にわけることぐらい知ってるでしょう。

次男・徹次も母親である梅子が相続放棄して、子供たちで分ければよいといいます。

梅子
私は、相続放棄しませんよ。

結局、遺族間で遺産分割の協議がつかずに家庭裁判所に調停の申立てが行われました。調停委員は、家族なのでもう少し歩みよってみるように促します。

しかし、事態はさらに泥沼化していきます。寅子はじれったい思いを抱えながら、行方を見守っていました。

寅子
ああああ

寅子は、梅子の力になりたいが裁判官であることからそれができないことに歯がゆい思いを抱えます。

多岐川
君にできることは何もない。弁護士を信じたまえ。
寅子
そうですよね・・・

梅子は轟法律事務所にお礼を言いに行きました。

よね
よくあんなところでずっと暮らしてるな。尊敬する。
梅子
あの時、よねさんがいなかったら相続放棄していたかもしれない。ありがとう。
轟太一
とにかく任せておけ。大庭さんは遺産をもらう権利がある。
梅子
私はいいので、子供3人が平等に遺産を引き継げるようにしてほしい。それぞれ、あぶなかしいところがあるの。だから、父という後ろ盾がなくなった今、3人手を取り合って生きていってほしい。
轟太一
どんな子供でも、息子がかわいいか。
梅子
そうなっちゃうよね。お願いします。

轟もよねも自分の気持ちは異なりましたが、依頼人・梅子の意向にそって仕事をしていきます。虎に翼第63話のネタバレ,あらすじはここまで。虎に翼第64話のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

虎に翼第64話ネタバレ,あらすじ
虎に翼ネタバレ,あらすじ第13週
虎に翼,ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼公式ブックはコチラ