虎に翼 ネタバレ,あらすじ第4週「屈み女にそり男?」

このページは、NHK朝ドラ虎に翼」の第4週のあらすじ,ネタバレを吹き出し(会話形式)でお伝えしています

虎に翼のあらすじ第3週で、寅子(伊藤沙莉)たちは明律大学女子部を卒業して、明律大学法学部に入りました。

 

虎に翼のあらすじ第4週は、1935年(昭和10)春からはじまります。虎に翼第4週のタイトルは「屈み女にそり男?」です。

虎に翼 ネタバレ,あらすじ第4週

ここでは、朝ドラ「虎に翼」の第4週のネタバレ,あらすじを1話ずつざっくりとお伝えしています。詳しい内容はリンク先をご覧ください。

16話「違和感」

1935年(昭和10)春、直道(上川周作)と花江(森田望智)は息子・直人を授かり近所に引越しました。

優三(仲野太賀)は、またも高等試験に落ち働きながら夜学に通い弁護士を目指します。この頃には、女性も高等試験に合格すれば弁護士ができるように法律が改正されていました。

 

法学部初日、男子に舐められてはいけないと寅子(伊藤沙莉)たちは気を張っていました。しかし、そこにいたのは女性に理解を示す花岡悟(岩田剛典)でした。

花岡悟
あなた達を尊敬しています。だって、あなた達は開拓者。法曹界だけでなく、男女平等の世を切り開いています。

しかし、花岡のような学生ばかりではありません。

轟太一
女と男がわかり合えるはずがない。

轟太一(戸塚純貴)と、よね(土居志央梨)は睨み合いになります。しかし、花岡が間に入りことなきを得ました。

ある日、穂高(小林薫)のかわりに、民事訴訟の専門家・大庭徹男が講義を担当します。大庭は梅子(平岩紙)の夫でした。

 

寅子は、授業中に大庭が言った言葉が気になります。

寅子
結婚前の女性にとって、容姿は何よりも大事でというのはどういうことですか。容姿が傷ついたのは悲しいことですが、何より大事というのは納得がいきません。

他の女性メンバーも同様の気持ちでした。しかし、大庭は君たちのような容姿端麗な人たちには関係ないと言います。

花岡悟
ええ、彼女たちは特別ですから。

その花岡の言葉にも、違和感が残ります。

17話「子どもに!?」

しかも、大庭は授業後に梅子のことを小バカにして帰っていきました。

梅子
ごめんなさい。うちの人は、若い人と話慣れてないからすぐに私を使うのよ。潤滑油に。

しかし、寅子にとってはどうも釈然としません。

 

後日、花岡の提案によりみんなでハイキングに行くことになりました。その日の朝、寅子が家をでるタイミングで、直言(岡部たかし)が仕事で出かけます。

寅子は最近の直言の様子がおかしいと不思議がりました。はる(石田ゆり子)も気にしている様子です。

 

ハイキングには、梅子の三男・光三郎がやってきていました。その光三郎に男子学生が大庭の妾の話をしています。

寅子
そんな話を子どもにしないで。

寅子の声を聴いて、花岡もやってきます。

18話「花岡を突き飛ばす寅子」

最初は、男子学生に注意をしていた花岡ですが、寅子と話をしているうちに意見が対立します。

花岡悟
家をほったらかしで大学に通わせてもらってるのだから、大庭さんに妾がいても仕方ないだろ。
寅子
なんでそんな・・・
花岡悟
君たちは、どこまで特別扱いを望むのだ。僕たちは君たちを最大限に敬い、尊重してる。特別だと認めてるだろ。
寅子
特別だから、見下さないでやっている?自分がどれだけ傲慢なこと言ってるかも理解できないの?

花岡を思わず突き飛ばし、崖の下に落ちて怪我してしまいます。寅子たちは花岡を病院に連れていき、待合室で待機します。

轟太一
花岡は、母親を随分前に亡くしてるからな。まあ、女に突き飛ばされてよろける鍛錬が足りないんだ。女遊びを正当化するのも気に入らないし。

轟太一(戸塚純貴)は、落ち込んでいる寅子を励ますためにそう言いました。

19話「寅子のトキメキ」

そして、梅子は自分の話をはじめました。

梅子
結婚してすぐに長男を授かったけど、その後、夫は家に帰らなくなった。大庭家の跡取りとして姑が育てた長男は、わたしを蔑むところまで夫にそっくりになって。それから、離婚しても親権をもてるように、法律を学ぶことにしたの。

しかし、現行の法律では親権は父親にあるため、親権を得ることは不可能に近いことがわかります。

梅子
今は無理でも、必ず糸口はみつけてみせる。長男は無理でも、次男とこの子は絶対に夫のような人にしたくない。

涙ぐむ梅子は、寅子たちは励ましました。

 

花岡は、足と腰を捻挫。右腕を骨折の怪我、頭も怪我していたので、大事をとって入院します。寅子は謝罪することないまま、3日がすぎていきました。

退院した花岡は、梅子に謝罪しました。

花岡悟
みなさんを尊敬しているのに、将来の椅子を奪われると思って恐ろしく思ってしまったり・・・

梅子は、そんな花岡はやさしさで受け止めます。そして、寅子も放課後あらためて謝罪しました。それに対して、花岡は怒っています。

花岡悟
ずっと、猪爪くんが頭に浮かぶのに、これじゃあまた君のことばかり考えてしまう。

寅子はそれを聞いて、心がトキメキます。

20話「父が逮捕される」

寅子が家に帰ると、家の前に人だかりができていました。大勢の検察官がやってきていたのです。あまりの数に、はる(石田ゆり子)がおびえます。

検察官は、令状をもって今から家宅捜索をすると中に入ってくる。容疑は、直言の贈賄容疑でした。

寅子
少しだけ待ってください。急にそんなことを言われても・・・

寅子が訴えかけますが、検察官にしかられてしまいます。

優三
僕は、この家の書生です。家の中を案内しますので。

優三は令状がでているいじょう断ることができないことがわかっているので、書類を押収していくのをだまってみていました。

夜になり、優三がはる、寅子、直道(上川周作)、花江(森田望智)に説明します。

優三
今わかっているのは、お父さんが贈賄の容疑で逮捕されているということだけです。
直道
無実の人間は、すぐに釈放される。明日には、けろっと帰ってきてるよ。

しかし、ことはそう簡単なものではありませんでした。事件は、「共亜事件」に発展してきました。

 

共亜紡績の株価のインサイダー取引をしたとして、共亜紡績の重役、大蔵省の官僚、大臣など16人が逮捕された事件です。

直言らは、賄賂を贈ったことから逮捕されていました。やがて、寅子の家族は記者に家を取り囲まれて、出られなくなります。

 

虎に翼のネタバレ,あらすじ第4週はここまで。虎に翼のネタバレ,あらすじ第5週につづく



あなたにおススメのページ

虎に翼ネタバレあらすじキャストまとめ
虎に翼のネタバレ,あらすじ第5週
虎に翼公式ブックはコチラ